映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

ウインド・リバー

ネイティブアメリカンの保留地で起きた殺人事件を軸にアメリカの闇を描いた映画。

映画自体はフィクションだけど、実際に起きている事っていうのが怖いし悲しい。

アメリカの歴史についてすごく考えさせられる映画だった。

かつて白人がアメリカ大陸にやってきてネイティブアメリカンの住んでいた場所を奪い、辺境の地へネイティブアメリカン強制移住させた場所がネイティブアメリカンの保留地というらしい。

保留地は冬は雪に閉ざされ、娯楽もなくアルコールやドラッグが蔓延している無法地帯となっている。

女性に関してはレイプされたり失踪者が多いという。

しかも、犯罪が起きても州警察や市警察は動かずFBIのみ。

映画では広大な土地を6人の部族警察で賄っているため手が回らない状態。

実際に事件が起きても事件と立証されなければ捜査もされない。

こんな実情が今現在アメリカで起きているということにかなり衝撃を受けた。

辺境の地へ追いやられ娯楽もなく自分たちの文化も破壊され貧困に苦しんで未来に希望が持てずにアルコールやドラッグに手を染めてしまう。

国が動かなければこの問題は解決しないんじゃないかと思う。

被害者の家族の悲しみがすごく伝わる映画だった。

被害者の父とコリーとのやりとりが凄く心に刺さった。

凄く辛い現実を突きつけられるけど一度観てネイティブアメリカンの保留地で起きていることを知った方がいいと思える映画だった。