映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【Diner ダイナー】色彩豊かな殺し合い


【作品情報】

ジャンル:アクション

監督:蜷川実花

原作:平山夢明

脚本:後藤ひろひと/杉山嘉一/蜷川実花

音楽:大沢伸一

製作国:日本

上映時間:117分

製作年度:2019年


【あらすじ】


孤独な女性オオバカナコは、怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。重い鉄の扉を開けると強烈な色彩が広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。そこは、凶悪な殺し屋たちが次から次へと現れる、殺し屋専用のダイナーだった。(シネマトゥデイより)


【感想】

蜷川実花の映画初めて見た。

凄く色彩が綺麗だし、演出が独特で凄く面白かった。

他の作品も見よう。

藤原竜也もかっこよかったけど、窪田正孝がいい。

優しいけど狂ってる感じが本当かっこよかった。

オオバカナコの玉城ティナも可愛いし。

あと、出演者が豪華すぎる。

小栗旬なんてちょこっと出てすぐ死んじゃってかなり衝撃だった。

本郷奏多のキッドもヤバかったな。

体が子どもで顔が本郷奏多の画の不自然さが際立った。

本郷奏多ってこういうヤバいやつの役がかなり似合う。

真矢みき土屋アンナもかっこいいし。

みんな死んじゃうけど。

ボンベロと菊千代もやばいなって思ってたけど、一応ハッピーエンドで良かった。

結構グロイけど、その分映像が綺麗だから全然楽しめる映画だと思う。