映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【トリック 劇場版】いいとこは全部山田母が持っていく…

f:id:wponkichi:20201207142514j:plain

トリック 劇場版

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:堤幸彦

脚本:蒔田光治

音楽:辻陽

製作国:日本

上映時間:119分

製作年度:2002年

 

【あらすじ】

 自称売れっ子天才奇術師・奈緒子は、300年に一度、大きな災いが襲うと言われている糸節村の村人から、不安を取り除くため神を演じてほしいとの依頼を受ける。彼女が村を訪れてみると、そこには不思議な連中がいた。何でも実体化する男、足の裏に目を持つ男、確率を支配する男。彼らはそれぞれ自らを神と称していた。そして不可思議な現象も次々と起こり、奈緒子と物理学者・上田は翻弄され、追いつめられていく。矢部刑事や奈緒子の母・里見までも巻き込み、事態は予想もしない方向へと向かっていく…。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

トリックは小学生の時からずっと見てる。

映画もふざけた感じの演出がすごく好き。

仲間由紀恵の代表作はこれと「ごくせん」だな。

ヅラの矢部とか山田母とかいつものメンバーに加えてまた個性的な自称超能力者たちがわんさか出てくる。

自称霊能力者たちは次々に殺されていっちゃうんだけど。

トリックの真犯人は毎回毎回自殺したり死んでいくからラストは毎回悲しいんだけどこの映画もそうだった。

かなり悲しいラスト。

閉鎖された村ってのは柔軟性がなくて凝り固まった頭のジジババしかいない。

それが事件の原因になってるし。

村人にイラッとする映画だったな。

面白いけど。