映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【アナスタシア】ロマノフ王朝を勉強してみるとより楽しめる

f:id:wponkichi:20201201142030j:plain

アナスタシア

【作品情報】

原題:ANASTASIA

ジャンル:アニメ

監督:ドン・ブルース/ゲイリー・ゴールドマン

脚本:スーザン・ゴーシャー/ブルース・グレアム/ボブ・ツディカー/ノニ・ホワイ

音楽:デヴィッド・ニューマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:93分

製作年度:1997年

 

【あらすじ】

宮殿で幸せな日々を送っていた少女アナスタシア。しかし邪悪な魔法使いラスプーチンが皇帝一家にかけた呪いによりロシア革命が勃発。混乱の中、アナスタシアはひとり取り残されてしまう...。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

久しぶりに登録している動画サイトで発見して懐かしさのあまり思わず視聴。

小さい頃に観た時はディズニーアニメの一つかと思っていたんだけど、20世紀フォックスが初めて作った長編アニメーションだという事で知った時はちょっと驚いた。

歌も耳に残るようなものばかりだし、アナスタシアの相棒になる子犬のプーカがめちゃくちゃ可愛いし。

子どもの時に観た時はかなり楽しめる映画だった。

今観てみるとロマノフ王朝の事とかラスプーチンとか歴史背景をもっと調べて知りたくなるようなアニメになっているから違った意味で楽しめる映画かなと思う。

実際観終わった後に一通りラスプーチンの事とかロシア皇帝ニコライ2世について調べて2度楽しめる映画になっていた。

とにかく悪役になっているラスプーチンの見た目がひどい。

不気味通りすぎて気持ち悪い。

でも、途中から憎めなくなってくるから不思議。

自分の命と引き換えに呪いを手に入れたのに、アナスタシアに呪いが効かなくて最後の方かわいそうになってくるwww

あの手この手でアナスタシアの命を狙おうとしてるのにあと一歩のとこで失敗し続けるラスプーチンが間抜けでちょっと笑えた。

こういうアニメの魅力の一つは出てくる小動物が可愛いとこだと思う。

アナスタシアの相棒のプーカがめちゃくちゃかわいい。

犬なのに最後の方で耳を羽にして飛ぶのには笑ったけど。

あとラスプーチンの下僕のコウモリも。

不細工だけどなんか可愛かった。

キャラクターもそれぞれ個性があるし、ストーリーも面白かったんで、私的には大人も楽しめるアニメだと思う。