映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【紅の豚】ジブリの好きな映画の上位に入るぐらい好き

f:id:wponkichi:20201201140457j:plain

紅の豚

【作品情報】

原題:PORCO ROSSO

ジャンル:アニメ

監督:宮崎駿

原作:宮崎駿

脚本:宮崎駿

製作国:日本

上映時間:91分

製作年度:1992年

 

【あらすじ】

飛行艇を操る空賊が横行していた、第一次大戦後のイタリアはアドリア海。賞金稼ぎの飛行艇乗りであるポルコ・ロッソは、空賊たちには天敵の存在。自分の顔を魔法で豚に変えてしまったポルコを何とかやっつけたいと一計を案じた空賊たちは、アメリカからスゴ腕の飛行艇乗りを呼び寄せ、彼に一騎打ちを迫る。allcinema ONLINEより)

 

【感想】

アニメーションだけどアドリア海の映像が本当に綺麗。

光に照らされてきらきらと反射している海とか青い空と透き通った海のシーンとか、ジーナの隠れ別荘とかめちゃくちゃ綺麗ですごく憧れる。

ポルコ・ロッソと天敵の空賊のマンマユートの関係がめちゃくちゃいい。

お互い嫌い合ってるんだけど、見ていて微笑ましいというかなんというか。

空賊で悪役なのに憎めないところもなんだか良い。

一番最初にスイミングスクールの女の子たちを人質につれて行ったんだけど、仲間はずれが可哀そうだと言って全員連れて行くし、幼稚園の先生みたいになっちゃっているしで本当に可愛かった。

第一次世界大戦後のアドリア海のお話だから、ポルコの親友も戦友もみんな戦争で死んでしまっていて、マダムジーナの旦那さんも戦争で死んでしまっていたりとすごく悲しいストーリーも出てくるんだけど、基本優しい雰囲気が漂っている綺麗な映画なんで本当に大好き。

CGを使っていない自然な映像というのも好きな理由の一つ。

繊細な映像で、戦闘機がたくさん飛んで天の川のようになっているシーンも綺麗で好き

悲しいシーンだったけど。

子どもの時に観た時と大人になって観た時の感想って少し違った気がする。

子どもの時に観た時は最後にフィオがポルコにキスした理由が全然理解できなかったけど、今ではなんとなく理由が分かる気がした。

それに最後にポルコとマダムジーナがどうなったのか本当に気になってて、マダムジーナの賭けはどうなったの?って思ってたけど今では分からないまま終わるのか一番いいなって思えるようになった。

子どもも十分楽しめる映画だけど、大人のためのおしゃれなアニメ映画だなと思う。

戦闘機も色鮮やかでめちゃくちゃ綺麗だし。

戦闘機とか興味ない私でもとても魅力的な乗り物に見えた。