映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【英国王のスピーチ】ジョージ6世とライオネルとの友情物語

f:id:wponkichi:20201201134404j:plain

英国王のスピーチ

【作品情報】

原題:THE KING'S SPEECH

ジャンル:ドラマ

監督:トム・フーバー

脚本:デヴィッド・サイドラー

音楽:アレクサンドル・デスプラ

製作国:イギリス/オーストラリア

上映時間:118分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


映画『英国王のスピーチ』予告編

幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

コリン・ファースジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターが出演している映画で、絶対面白いだろうなと思っていたけど想像していたよりも数倍面白かった。

ジョージ6世とライオネルとの友情もとてもよかったし、ジョージ6世と妻のエリザベスとの関係も本当良い。

いろいろな専門家の元で吃音の治療をしていたジョージ6世は効果が出ないため治療をあきらめていたけども、ライオネルと出会って個性的な治療をすることによって段々と吃音の症状が改善していく。

治療の方法がすごく個性的だからジョージ6世は効果があるのか半信半疑だったんだけど、効果が現れ始めライオネルと信頼関係が生まれていく感じがとても見ていて気持ちがよかった。

途中で衝突してひどい事も言ってしまったりしたけど最後には硬い信頼関係が生まれていてとても感動した。

エリザベスとジョージ6世の関係もすごい憧れる。

お互い愛し合っていて、支え合っている姿がとても素敵だった。

本当はジョージ6世のお兄さんが王位を継ぐはずだったんだけど、離婚歴のある女性と結婚したいがために王位を放棄し、弟であるジョージ6世が王位を継ぐことに。

王位を継ぐ気がなかったジョージ6世はすごく悩み、エリザベスに不安な気持ちを打ち明ける。

王位を継ぐことになったジョージ6世の不安とかすごく切ない気持ちになった。

特に自分の子どもにまで「陛下」とお辞儀をされ悲痛な顔になるジョージ6世はとても切ないシーンだった。

王位を継ぎ最初の仕事である戦争スピーチをすることになったジョージ6世

放送室に入って、ジョージ6世とライオネルの二人きりでスピーチを始める。

ライオネルがまるで指揮をしているようで、言葉が詰まることなく厳粛なスピーチをするシーンは一番素敵なシーンだった。

スピーチが終わった瞬間、余韻にとても感動した。

とても良い映画だった。