映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【間宮兄弟】超仲の良い中年兄弟の日常

f:id:wponkichi:20201123233904j:plain

間宮兄弟

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:森田芳光

原作:江國香織

脚本:森田芳光

音楽:大島ミチル

製作国:日本

上映時間:119分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信(佐々木蔵之介)と小学校校務員の弟・間宮徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日常にささやかな歓びを見つけ楽しく暮らしている。しかし、そんな彼らにもいよいよ恋の予感が訪れ……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

平凡な二人の兄弟の日常を映画にしているだけなのに、2時間退屈することなく最後まで観られた。

ビール会社でビールの開発をしている兄と学校の用務員をしている弟は二人暮らしをしていて、ある日行きつけのビデオショップの店員の女の子と学校の先生を家に招いてカレーパーティーをしようと計画する。

家族、兄弟、恋人、配偶者など日々を共有できる人物が隣にいるだけで普通の生活をしている日常がとても幸せなことなんだなぁと改めて実感させてくれる映画だった。

とにかく間宮兄弟の仲が良い。こんなに仲が良い兄弟は観たことないってくらい仲が良い。

ぶっちゃけ、実際にこんな兄弟がいたらちょっと引くけど佐々木蔵之介塚地武雅が兄と弟を演じているから微笑ましく観ていられた。

中年と言われる年に近づいているのに兄弟二人で毎日のように映画を一緒に観たり野球観戦したり、女の子を家に招待したり、兄弟でそんなこと普通しないだろうな。

私も兄弟がいて、周りからは仲が良いと言われるけど一緒に出かけたり、映画観たりするなんてほとんどないし。

兄弟でこんな仲が良いなんてありえないと思っていても間宮兄弟をみているとなんだか羨ましい。

好きなことを共有できて落ち込んだ時には一緒にいてくれる相手がいる事が本当に幸せなことなんだなと思えた。

間宮兄弟のキャラも良いけど、私的には兄弟の母親が一番好き。

母親役は中島みゆきで、まじめな兄弟とは反対に天真爛漫ではちゃめちゃな事をするお母さんがとても可愛かった。

観た後にはなんだか元気になれる映画なので休日のお昼にまったりと観るのがオススメ。