映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【親切なクムジャさん】復讐3の部作のラスト

f:id:wponkichi:20201123230426j:plain

親切なクムジャさん

【作品情報】

原題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

ジャンル:サスペンス

監督:パク・チャヌク

脚本:パク・チャヌク

音楽:チョ・ヨンウク

製作国:韓国

上映時間:114分

製作年度:2005年

 

【あらすじ】

子供を誘拐した罪で服役中のクムジャ(イ・ヨンエ)は、囚人の悩みを聞いては、その悩みを解決していた。やがてクムジャは囚人の中から自然に「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

チャングムの誓い」で有名な女優イ・ヨンエの主演作。

チャングムとは全然イメージが違う。

序盤はいろいろ計画してるからストーリーがゆっくり進むけど終盤にかけて怒涛の展開。

最初はちょっとレズ的な映像があるからR-15なのかなと思ったけどラストの復讐シーンを観て「あ、コレ15歳以下観ちゃだめなやつ」って納得した。

13年かけてペク先生に復讐しようと計画していたクムジャさん。

最初は細かい説明がなくて、出所したクムジャさんが先に出所した仲間の元へ行くシーンが続く。

正直最初はわからなかったけど映画が進むにつれて何をしていたかわかっていく。

分かるまでがちょっと長いから、若干飽きる可能性アリ。

クムジャさんの復讐相手のペク先生と呼ばれる英語塾の先生がえげつないほどクズ野郎で復讐が執行された時は「ざまぁ」と思ったけど復讐方法が結構すごい。

ペク先生が殺した子どもの親族が一人一人痛めつけて最後には殺すという方法。

一人ひとり包丁で際したり斧で刺したり、ハサミで刺したり。

結構残酷だけどそれ以上にペク先生がクズ人間だから心情的には特にキツイとかは感じなかったな。

復讐が完了し、山に遺体を埋めるときのクムジャさんの表情がすごかった。

憎しみ、悲しみ、悔しさ、喜びが同時に顔に表れているような表情。

目に涙を溜めて、心底憎い相手を観ているような目で口は微笑んでいる…例えるなら般若観たいな顔。

「告白」のラストの松たか子の表情と似てるかも。

般若みたいな顔だけどイ・ヨンエめっちゃ綺麗だった。

内容がドロドロしている分映像や音楽がかなり綺麗だった。

個人的にはペク先生が後悔したりとか、遺族や被害者に対して懺悔するシーンが観たかったな。