映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【NERVE/ナーブ 世界で一番危険なゲーム】目隠しバイクで時速100キロ

f:id:wponkichi:20201120001446j:plain

NERVE/ナーブ 世界で一番危険なゲーム

【作品情報】

原題:NERVE

ジャンル:サスペンス

監督:ヘンリー・ジュースト/アリエル・シュルマン

原作:ジーン・ライアン

脚本:ジェシカ・シャーザー

音楽:ロブ・シモンセン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:96分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』ハシゴ編

高校生のヴィー(エマ・ロバーツ)は、ひょんなことから裏オンラインゲームに参加する。それは視聴者が出す指令をクリアして賞金をつかむというもので、彼女は見知らぬ者と5秒間キスをして賞金の100ドルを得る。同じゲームのプレイヤーでもあったキスの相手イアン(デイヴ・フランコ)と一緒に、繰り出される指令を遂行していくヴィー。人気プレイヤーコンビとなって多額の賞金を手にする二人だったが、イアンの怪しい一面が浮き上がり、さらに指令の過激さもエスカレートしていき……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

指令をクリアすると賞金がもらえて、クリアできなかったら今まで稼いだ賞金が没収される 裏オンラインゲーム。

最初は軽い指令だけどどんどん過激になっていって結構ハラハラする映画だった。

特に目隠してバイクになるのはドキドキ感が凄かった。

あとは、下着姿で高級ブティックの中を歩き回るのは見ていてキツかったな。

共感性羞恥 にはキツいシーンだった。

映画のテーマが「3年A皆さんは今から人質です」と一緒で少し考えさせられる映画だったと思う。

ネットで匿名で犯罪に加担しているのは卑怯で罪深いよって感じ。

ビーが撃たれて死ぬところが面白いから見たいとボタンを押した視聴者には何かしらの罰があって欲しいなぁ。

最後は撃たれて死んじゃったかと思った。

同時に決勝に進んだタイがめちゃくちゃ悪役に見えたけど、実は良い人で少しほっこりした。

てか、タイの刺青が自前ってことに驚いたわ。