映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【パフューム ある人殺しの物語】匂いに取り憑かれた殺人鬼

f:id:wponkichi:20201119235606j:plain

パフューム ある人殺しの物語

【作品情報】

原題:Perfume: The Story of a Murderer

ジャンル:サスペンス

監督:トム・ティクヴァ

原作:パトリック・ジュースキント

脚本:トム・ティクヴァ/アンドリュー・バーキン

音楽:トム・ティクヴァ/ジョニー・クリメック/ラインホルト・ハイル

製作国:ドイツ/フランス/スペイン

上映時間:147分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】

18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

嗅覚が人よりも優れている青年が究極の香水を作るために罪を重ねて行くというストーリー。

嗅覚が優れていることによって、奴隷生活から調香師として働くことができるようになって、ジャンが作った香水は瞬く間に人気が出て店が繁盛するようになる。

普通の人なら才能を生かすことができる仕事に就くことができて、さらにその店が繁盛すればまあ満足出来るんだろうけど、ジャンは匂いに取り付かれてしまっているので店の売り上げも名声にも興味なし。

ただ単にいろいろな香りを自分のものにすることに必死。

純粋な匂いへの興味や欲で動いているジャンの行動が変態的でやばかった。

芳しい香りのする女性の後を追うシーンはかなり気味悪い。

女性の背後の暗闇から臭いを嗅ぎながらジャンが現れるシーンはちょっと鳥肌が立つほど気持ち悪かった。

 香水の街・グラースへ行ったジャンはもうやりたい放題。

若くて綺麗・そして芳しい女性の体臭を香水にしたいという欲求からジャンは連続殺人鬼化し、グラースでは髪を刈りあげられ全裸となった若い女性の遺体が見つかるようになる。

街一番の美人で商人の娘ローラは助かると思ったし、ジャンが捕まり処刑されて映画が終わるのかなって思ってたからラストの展開にはかなり驚いた。

女性の体臭を閉じ込めた究極の香水は、人をうっとりとさせるだけでなく思考まで操ることができてしまう究極の香水になった。

 この香水を使えば世界征服だって何だってできるのに、そういう事には一切興味のないジャン。

むしろ、究極の香水の効果を目の当たりにして絶望感を感じたみたい。

究極の香水を嗅いだ街の人たちが服を全て脱いで交わるシーンは凄かった…。

CGは一切使っていなくて750人のエキストラが実際に行っているらしい。

PG12指定の映画だけど、家族で見たら絶対微妙な空気になる。