映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ぱいかじ南海作戦】南国でのゆるいサバイバル生活

f:id:wponkichi:20201116234722j:plain

ぱいかじ南海作戦

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:細川徹

製作総指揮:大月俊倫

原作:椎名誠

脚本:細川徹

音楽:櫻井映子

製作国:日本

上映時間:115分

製作年度:2012年

 

【あらすじ】


映画『ぱいかじ南海作戦』予告編

失業と離婚で失意の佐々木(阿部サダヲ)は気分を変えるために南の島を訪れるが、4人組のキャンプ生活者との酒宴で泥酔してしまい、全財産を奪われてしまう。途方に暮れる彼は、都会から来た青年オッコチ(永山絢斗)、関西弁を話すアパ(貫地谷しほり)とキミ(佐々木希)と出会い、その後共同生活を送るようになる。ある日、4人組ホームレスたちのうわさを聞きつけた佐々木は、財産の奪回と復讐(ふくしゅう)を企てることにするが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

阿部サダオ主演のまったり南国コメディ。

CMディレクターの妻と離婚した佐々木(阿部サダオ)は勤務先も倒産したため、気分を変えるために南国に旅行に行ったけど、なぜか浜辺で4人のホームレスと会い一緒にそこで暮らすことに。

佐々木の境遇が悲惨なのになんかめちゃくちゃ楽しそう。

海の中から高級食材を調達して嫌なことをすべて忘れてキャンプファイヤーしながら食べて。

でも目覚めたら4人のホームレスに荷物を取られてしまう。

実際起きたら絶望的な状況だけど、阿部サダオの演技が面白くて悲壮感が全然無かった。

 荷物もお金も何もなくなってしまった佐々木のところに一人の若い旅人オッコチがやってきて佐々木はオッコチの荷物を盗もうとホームレスと同じ手順をするけど、オッコチと仲良くなって荷物を盗むことをやめ、さらにキャンプしに来た女性アパとキミもそこでテントを張り佐々木とオッコチと仲良くなる。

このあり得ないシチュエーションがなんか良い。

自分の土地じゃないのにいろいろと罠を仕掛けたり、罠にかかった猪をさばいて燻製にしたりサバイバルしてて楽しそう。

 男2女2だからカップルができたり、佐々木も告白されて楽しくやってたけど、この南国に佐々木の元妻がCM撮影に来ることになって楽しい生活は終わりを迎える。

ラストがちょっとよくわからなかったなぁ。

海に出て佐々木はどうなるんだろう…。

いろいろとファンタジーな映画だった。