映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】アラン・チューリングの生涯

f:id:wponkichi:20201116233807j:plain

イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

【作品情報】

原題:The Imitation Game

ジャンル:サスペンス

監督:モルテン・ティルドゥム

製作総指揮:グレアム・ムーア

原作:アンドリュー・ホッジェズ

脚本:グレアム・ムーア

音楽:アレクサンドル・デスプラ

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

上映時間:114分

製作年度:2014年

 

【あらすじ】


映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』予告編

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリングベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

天才、偉人は亡くなってからひょうかされて、広く知られるようになることが多いけどアラン・チューリングもその1人。

この映画を観るまでアラン・チューリングって人を全く知らなかった。

アラン・チューリングはイギリスの数学者で、論理学者、暗号解読者、そしてコンピュータ科学者で第二次世界大戦中にエニグマの暗号解読に成功した人物。

エニグマの暗号解読をしたことで戦争の終結を2年早めて何百万人もの人々の命を救うことができたと言われている。

 偉大な業績を残したアラン・チューリング。だけど、この映画を観てアラン・チューリングの晩年は凄く悲しいなと思った。

最初は反発していた仲間と徐々に打ち解けていく様子は凄く良かったけど、エニグマの暗号解読をしたことによって非情な選択をしなくちゃいけなくなって、そのことで仲間に距離を置かれてて、ソ連とのスパイをしていた人物とひと悶着あったり、婚約中のジョーン・クラークを守ろうとして彼女を突き放したことで孤独になったり。

本当見ていて辛くなる映画だった。

 戦争が終結した後のアラン・チューリングは大学の助教授をしていたけど、同性愛であることを警察に知られて逮捕されてしまう。

この当時のイギリスでは同性愛は違法で、入獄か化学的去勢を条件に保護観察かの選択を迫られてしまう。

アラン・チューリングは化学的去勢を条件に保護観察を選択して女性ホルモンの投薬を受けるけど、1954年6月8日に青酸化合物により亡くなってしまう。

死因審問ではこの死は自殺とされている。

アラン・チューリングは同性愛者だと新聞で報道されエニグマの件は機密扱いだから功績は誰にも知られないまま服毒自殺。

実話だから本当悲しい結末だけど、どんなことが戦争の時に起きていたのか知ることができる映画だから見て良かったと思う。