映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【モールス】オリジナルと同じくらい面白い

f:id:wponkichi:20201116231752j:plain

モールス

【作品情報】

原題:Let Me In

ジャンル:ホラー

監督:マット・リーヴス

製作総指揮:ナイジェル・シンクレア/ジョン・プタク/フィリップ・エルウェイ/フレドリク・マルンベリ

原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

脚本:マット・リーヴス

音楽:マイケル・ジアッキノ

製作国:アメリカ合衆国/イギリス

上映時間:116分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


映画『モールス』予告編

学校でのいじめに悩む孤独な12歳の少年オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)。ある日、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・グレース・モレッツ)と知り合ったオーウェンは、自分と同じように孤独を抱えるアビーのミステリアスな魅力に惹(ひ)かれ始める。やがて町では残酷な連続猟奇殺人が起こり……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

「ぼくのエリ200歳の少女」のリメイク作品の「モールス」。

若干改変されている部分もあるけど、ストーリーの流れはほとんど同じ。面白かった。

改変部分は登場人物の名前の変更、映画の舞台がストックホルムからニューメキシコ州のロスアラモスになった等。

「ぼくのエリ200歳の少女」はPG12だけど「モールス」はR-15指定になっていてさらにグロいシーンが満載。

 特に主人公のアビーが血を吸うシーンはまさにヴァンパイアって感じで、血を前にすると顔が変化するのがめっちゃ雰囲気出ててよかった。

アビーの保護者として一緒に越してきたトーマスがアビーのために殺人を犯していくけど、殺人に失敗して警察に捕まるまでの経緯が改変されていて「モールス」での演出の方が派手で緊迫感もあり私好み。

硫酸を頭にかけて顔を溶かすしシーンはオリジナルそのまま。

ラストのプールでオーウェンが襲われる場面もさらにグロテスクなシーンにレベルアップしてた。こりゃR-15になるわ。

 ストーリーも良いけど、アビー役のクロエ・グレース・モレッツがめちゃくちゃ可愛くてアビー役にぴったり。

「ぼくのエリ200歳の少女」のエリはエリで雰囲気が映画に合っていて良かったけど、「モールス」のアビー役もかなりはまり役でどっちも良い。

私的には「ぼくのエリ200歳の少女」を見てから「モールス」を見るのがオススメ。