映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【記憶探偵と鍵のかかった少女】1人の少女に大人たちが陥れられていく

f:id:wponkichi:20201110225357j:plain

記憶探偵と鍵のかかった少女

【作品情報】

原題:Mindscape

ジャンル:ミステリー

監督:ホルヘ・ドラド

脚本:ガイ・ホームズ

音楽:ルーカス・ビダル

製作国:アメリカ合衆国/スペイン

上映時間:99分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】


『記憶探偵と鍵のかかった少女』映画オリジナル予告編

人の記憶に入れる特別な能力を駆使して、いくつもの難事件を解決に導いてきた記憶探偵ジョン(マーク・ストロング)。問題を抱えた16歳の少女アナ(タイッサ・ファーミガ)の記憶を探る依頼が舞い込み、彼女の記憶に潜入したジョンはショッキングな出来事の数々を目撃する。その記憶に隠された謎に迫るため事件の関係者たちを訪ねるが、どの証言もアナの記憶とは異なるものばかりで……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

めちゃくちゃ好きな俳優のマーク・ストロングが主演と聞いて思わず手に取った作品。

人の記憶の中に入り、物事の真相や謎を探す記憶探偵という職業がある世界の話。

マーク・ストロングは家に監禁状態の少女の記憶の中に潜入することで、少女アナに嵌められて自分自身が破滅していく探偵役。

最初は少女を邪魔だと思っていた継父がアナを施設に入れようとアナを陥れているのかと思ったけど、全ての元凶はアナだったというオチ。

 あんなサイコパスな少女がいたら怖いわ。

高校の時は教師を陥れて刑務所送りにしたり、同級生の少女3人に毒を盛り、そしてジョンとあってからは看護士をつき落としたり、ジョンを殺人犯に仕立て上げたり。

アナの親友だったというマウシーの存在を疑ったジョンはアナの持ってきた写真を観てマウシーの存在を信じちゃうけど、その写真が挟まっていた卒業アルバムまで調べなよ…。

卒業アルバムにはアナの嘘を決定づける証拠があったのに。

一枚の写真だけで信じてしまうジョンは探偵として脇が甘い。

少女アナが大人たちより一枚上手観たいな描かれ方をしてたけど、ぶっちゃけ出てくる大人たちがアホなだけだったな。

面白かったけど、サスペンスとしてはイマイチ。

リピートはたぶんない。