映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【マチルダ】こんな学校絶対やだ。だけど映画は可愛い

f:id:wponkichi:20201030005023j:plain

チルダ

【作品情報】

原題:MATILDA/ROALD DAHL`S MATILDA

ジャンル:ファンタジー

監督:ダニー・デヴィート

製作総指揮:マイケル・ペイサー/マーティン・ブレグマン

原作:ロアルド・ダール

脚本:ニコラス・カザン/ロビン・スウィコード

音楽:デヴィッド・ニューマン

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:98分

製作年度:1996年

 

【あらすじ】

人気子役M・ウィルソン主演のファンタスティック・コメディ。監督は父親役も兼ねているD・デヴィート。インチキを絵に描いたような中古車ディーラー夫婦にとんでもない天才少女マチルダが授かる。お兄ちゃんもタチの悪いイタズラ小僧だし、お利口なことがじゃま扱いされてしまって大きくなっても学校に行かせてもらえないマチルダ。やっと行かせてもらえるようになった小学校では不条理きわまる学校生活が待っていた。そのうちマチルダ自身は妙なパワーを持ち始める……。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

金とTVだけをこよなく愛する両親と兄のもとに生まれたマチルダ

チルダは家族に似ず古典文学を理解して計算能力も抜群な天才少女かと思いきや、それだけでなく超能力も持っているというすごい女の子。

チルダに関心のない親に意地悪な兄のもとに生まれてもひねくれずに正直に育ったマチルダがとても可愛い。

チルダの家族も最低だけど、マチルダが通っている学校の校長が強烈すぎる。というか凶悪すぎる…。

元オリンピックのハンマー投げの選手だった校長がおさげの女の子の髪の毛をつかんでハンマー投げの要領で投げ飛ばすし校長のチョコレートを食べてしまった男の子に老婆の汗や唾などが入ったチョコレートケーキを食べさせるし…。

もはや虐待。

そんな校長を超能力でやっつけて唯一の理解者であるハニー先生の養子になりいつまでも幸せに暮らしてハッピーエンド。

特別な力を持った女の子が悪を倒して幸せになる、絵本のようなお話でかわいい映画だった。

とにかくマチルダがとっても可愛いい。ハニー先生もとっても美人で優しい良い先生。

これと対照的にマチルダの家族や校長は「悪」を体現したような姿と性格で善悪が分かりやすい。

絵本のような映画だから小学生向けかも。