映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ライアーライアー】コメディ映画と言ったらこの人。ジム・キャリー

f:id:wponkichi:20201030001938j:plain

ライアーライアー

【作品情報】

原題:LIAR LIAR

ジャンル:コメディ

監督:トム・シャドヤック

製作総指揮:マイケル・ボスティック/ジェームズ・D・ブルベイカー

脚本:ポール・グアイ/スティーヴン・メイザー

音楽:ジョン・デブニー

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:87分

製作年度:1997年

 

【あらすじ】

 フレッチャーは一流の弁護士だが、それは得意な“嘘”のおかげ。どんな依頼でも、その口先で無罪を勝ち取ってしまうのだ。そんな彼は私生活でも、別れた妻に引き取られた息子マックスとの面会日をすっぽかす始末だった。ところが誕生日のパーティをすっぽかされたマックスが、パパが嘘をつきませんようにとお願いすると奇蹟が起きる。フレッチャーは絶対に嘘をつけないようになってしまったのだ。しかし彼には大事な裁判があって……。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

コミカルな演技が魅力のジム・キャリー

「ライアーライアー」もジム・キャリーの魅力がたっぷりと詰まってた。

口を開けば嘘ばっかり言う弁護士のフレッチャーには離婚した妻との間に5歳になる息子のマックスがいて、マックスは5歳の誕生日のお願いで父親が1日だけでも良いから嘘をつけなくなるようにと願う。

すると、その日の夜8時15分から翌日の夜8時15分までフレッチャーは嘘が付けなくなってしまう。

最初から最後までジム・キャリーの演技が炸裂していてかなり笑える。

コメディ映画だけど、面白いだけじゃなくて親子の絆とか嘘をつかないことの大切とか、時には大人は嘘が必要になる時があると言うことを教えてくれる映画だった。

子どもと一緒に見たい映画の一つになった。

フレッチャーは本当にいたらクソみたいな人間だけど、ジム・キャリーが演じているから憎めないし応援したくなる。

自分の親があんな父親だったら絶対に嫌だけど。

ラストもかなりハチャメチャで、息子と元妻が乗っている飛行機を停止させるし。

笑いあり、親子の絆の感動あり、アクションありの色々な要素のある映画で最後まで楽しかった。