映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ギャラクシー街道】豪華俳優の無駄遣い

f:id:wponkichi:20201029235646j:plain

ギャラクシー街道

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:三谷幸喜

脚本:三谷幸喜

音楽:萩野清子

製作国:日本

上映時間:109分

製作年度:2015年

 

【あらすじ】


香取慎吾x三谷幸喜監督最新作『ギャラクシー街道』予告編

 

西暦2265年、木星のそばに位置する人工居住区「うず潮」は、「ギャラクシー街道」と呼ばれるスペース幹線道路で地球と結ばれている。以前はにぎわった街道も開通して150年がたち、老巧化が問題視されてきた。そんな街道の脇で営業している飲食店には、さまざまな星からそれぞれに事情を抱えた異星人たちが集まっており……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

公開当初本当は映画館に行ってみようかなと思っていたこの映画。

レビューサイトでかなりな低評価をくらってたからレンタルされてから見ようと思っててすっかり忘れてた。

で、この間観てみたけどレビュー通り。

三谷幸喜作品映画はほぼ全作品観てて好きな作品は何度も見てるけどギャラクシー街道」はもう観ることはないかな。

綾瀬はるかは可愛いし、最後の西川貴教の歌も良かったけど一度観ればもういいやって感じ。

三谷監督の作品はいろいろな人物の人生が風雑に絡み合って伏線を回収して物語が終わる映画が多いけど、今回の映画はその綿密さがまったくない。

観ていてなんか薄っぺらい感じがして感情移入しにくいし、今までになかった下ネタ全開で戸惑った。

映画開始20分で下ネタが入ってきて、微妙な下ネタだから笑いにくいし。

西川貴教西田敏行は何のために登場したのか謎だし。

特に西田敏行がちょい役すぎて無駄遣い感がはんぱない。

西川貴教なんてハンバーガー食って最後になぜか歌を歌っただけだったし。

三谷作品の中で唯一オススメできない映画だった。