映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ジャッジ!】冴えない社員が外国で頑張る!

f:id:wponkichi:20201026222321j:plain

ジャッジ!

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:永井聡

脚本:澤本嘉光

音楽:平沢敦士

製作国:日本

上映時間:105分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】


『ジャッジ!』特別予告篇(永井監督作成ver)

 

大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎(妻夫木聡)は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同じ職場の大田ひかり(北川景子)も妻として一緒に行くことに。さまざまな国から集結したクリエイターたちが自分の会社のCMをグランプリにしようと奔走する中、太田もひかりと共に奮闘する。

 

【感想】

こういう映画かなり好き。

ダメな社員が頑張って仕事を成功させるというサクセスストーリーみたいな。

出てくるCMがどれも個性的だったりして面白い。

一番最初のうどんのキツネが出てくるCMが意味分からなくて最高に好き。

CMの曲がなぜか耳に残るし、ぶっちゃけこの映画で一番印象に残ったかも。

CM会社に勤務する太田喜一郎は仕事ができなくて、同期の大田ひかりと比べられたりして冴えない日々を過ごしていた会社員。

大田喜一郎が上司の大滝一郎に広告祭の審査員を押し付けられてサンタモニカへ行く事に。

ついでにそこでクッソつまんないチクワのCMを入賞させなければ首になるというオマケ付き。

絶対無理な条件を押し付けられてしぶしぶサンタモニカへ行くんだけど、その前に以前この広告祭に出た事のある現在窓際族の鏡さんに絶対必要になるであろう英会話やペン回しを教えてもらう。

この指導が適当に見えて実はかなり役に立つアドバイスだった。

そんなペン回しなんかで状況打開できないだろと思ってたらかなり役に立ってた。

そして持って行ったアニメのTシャツもかなり外国では人気。

外国の審査員でチャドが出てきたのも私的には面白かった。

最初から最後まで面白かったなぁ。