映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ポルターガイスト】80年代ホラー映画の傑作

f:id:wponkichi:20201023152042j:plain

ポルターガイスト


【作品情報】

原題:Poltergeist

ジャンル:ホラー

監督:トビー・フーパー

製作:スティーヴン・スピルバーグ/フランク・マーシャル

脚本:スティーヴン・スピルバーグ/マイケル・グレイス/マーク・ヴィクター

音楽:ジェリー・ゴールドスミス

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:115分

製作年度:1982年

 

【あらすじ】

郊外に新築された家に越してきた一家を襲う異常な現象。幼い娘が行方不明となり、霊媒師は悪霊の存在を感じとった。やがてその土地は元々墓場だった事が判明する……。スピルバーグが製作したA級ホラー大作で、SFX・演出ともにこのジャンルの作品の中では最高峰。TV「ミステリー・ゾーン」の1エピソード“消えた少女”をモチーフにしていると言われるが、スピルバーグの初期作「恐怖の館」(ビデオ題「ヘキサゴン」)のパワーアップ・ヴァージョンの趣もある。(allcinema ONLINEより)

 

【感想】

結構昔の映画で、スピルバーグ監督製作の作品ということで名前だけは知っていた。というかかなり有名な映画だし、いつか見ようと思ってた。

めちゃくちゃ面白かった。

なんでもっと早く観なかったんだろうってぐらい面白かった。

ホラー慣れしてるから怖くはなかったけどストーリーが面白い。

ストーリーは怖くないけど、「ポルターガイスト」に出演した役者たちが次々に亡くなっているという噂がまた怖い…。

フリーリング一家が住んでいる家でポルターガイストが起こり、徐々に心霊現象が悪化してついに末っ子のキャロルアンがクローゼットに吸い込まれて消えてしまう。

両親はキャロルアンを連れ戻そうと奮闘し、連れ戻すことができるけど…。というストーリー。

終盤まではかなり面白かったけど、最後の最後がちょっと微妙だったかも…。

キャロルアンを助け出して、引っ越し準備をしてそのまま家を出ればいいのに呑気にお風呂に入って、子どもたちをキャロルアンが吸い込まれたクローゼットのある子ども部屋に放置…。

終盤はそりゃ、また襲われるよねって突っ込みどころ満載だった。

1作目では、ポルターガイストの原因はわったけども解決しなくて、続きがちょっと気になるラストだった。

機会があれば続編観ようかな。