映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【7500】ホラーというよりサスペンス

f:id:wponkichi:20201008002755j:plain

7500

【作品情報】

原題:7500

ジャンル:ホラー

監督:清水崇

脚本:クレイグ・ローゼンバーグ

音楽:タイラー・ベイツ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:79分

製作年度:2014年

 

【あらすじ】


『7500』予告

5月12日、ロサンゼルス発東京行きのヴィスタ・パシフィック7500便が飛び立つ。機内では、友人と旅行をするブラッド(ライアン・クワンテン)とピア(エイミー・スマート)夫妻、神経質な女と気弱な夫、人形師など、乗客それぞれが思い思いの時間を過ごす中、突然激しい乱気流が巻き起こる。ほどなくして奇怪な出来事が次々と起こり始め、機内はパニックに陥り……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

ホラー映画の監督で有名な清水崇監督のハリウッド3作目だったらしい。

知らずに借りて普通に観てたけど、ぶっちゃけつまらなくて途中から片手間で観てた。

機内で乗客が死んだり、乱気流にのまれて機内がめちゃくちゃになったりと結構緊迫した雰囲気とかあったけど。でも飽きた。

ホラー映画のジャンルにあったから借りてみたけど、全然ホラーって感じじゃなかったし。

一人の乗客が不審死してそこから奇妙なことが起きて行くっていうストーリーだから、死んだ乗客が蘇って襲ってくるのかなと最初は思ったけど全然違った。

乗り合わせていた乗客がこの謎を解き明かしていくというミステリー映画になってたけど、本当微妙。

ここまで観ていて飽きる映画はあまりない気がする。

清水監督のホラー映画は私には合わないな…。