映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【聲の形】いじめについて考えさせられる作品

f:id:wponkichi:20201007235015j:plain

聲の形

【作品情報】

原題:The shape of voice/A SILENT VOICE

ジャンル:アニメ

監督:山田尚子

原作:大今良時

脚本:吉田玲子

音楽:牛尾憲輔

製作国:日本

上映時間:129分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


映画『聲の形』 本予告

西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。(シネマトゥデイより

 

【感想】

どんな映画なのか前知識を入れずに観たけどかなり面白かった。

面白かったけどいじめのお話で結構重い感じの映画だから途中とか観るのが辛かったり、修羅場がリアルで観ていられなかったりしたけど、リアルな分すごく映画に引き込まれた。

聾唖の女の子が学校で次第にいじめを受けるようになっていくシーンは本当に見るのが辛くなった。

いじめは絶対しちゃいけないけど、西宮硝子が浮いて女の子たちから距離を置かれてしまう状況になってしまったのはしょうがないのかなって思う点もあった。

西宮硝子が浮いた時に周りの大人が何か解決策を考えて挙げればあんな酷い事にはならなかったのにって思った。

小学生ってどうしてもいじめが起こりやすい環境にあるから大人がしっかりと教育していかなきゃいけないんだなと考えさせられた。

西宮硝子に率先していじめをしていた石田将也はクソガキ間違いないけど、担任の教師が一番クソ。

いじめをしたことによっていじめをされる側になった石田将也。

自分の行動に後悔して性格が180度かわり、友達が一切いない高校生になってしまった石田将也を観ているとすごい切ないと言うか観ていられなかった。

再び西宮硝子と出会って交流していくうちに生きる希望を持っていく石田将也。

それぞれ出てくる高校生がどこかしら歪んでて問題もあって、でも再び接点を持っていくことによって良い方向に向かっていく感じがとてもよかった。

ただ、川井みきだけ好きになれなかったな。

あの登場人物の中で一番卑怯で狡賢くて一人だけ悪者にならないよううまく立ち回る八方美人って感じの女の子。

いじめに加担してたけど決して自分の手は汚さず、いじめをしていたのは石田将也だけだと証言して石田将也をクラスで孤立させる要因を作ったり。

高校でも同じことを繰り返して石田将也を追い詰めるし。

川井みきだけは最後まで好きになれないとうか生理的に無理。

いろいろ複雑な映画だったけど、大人だけじゃなくて子どもも観たほうがいいと思う。

いじめが引き起こす悲劇とか不幸とかをリアルに感じられると思うし。

障害のある女の子がいじめられると言うストーリーで結構衝撃的な内容だけど本当に観て良かったなと思える映画だった。