映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ライラの冒険 黄金の羅針盤】宗教関係で続編製作中止になった話題作

f:id:wponkichi:20200929134215j:plain

ライラの冒険 黄金の羅針盤

【作品情報】

原題:The Golden Compass

ジャンル:ファンタジー

監督:クリス・ワイツ

原作:フィリップ・プルマン

脚本:クリス・ワイツ

音楽:アレクサンドル・デスプラ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:113分

製作年度:2007年

 

【あらすじ】


『ライラの冒険 黄金の羅針盤』日本版劇場予告編

“オックスフォード”の寄宿生である12歳のライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、一心同体の守護精霊“ダイモン”という動物といつも行動をともにしていた。そんな不思議な世界で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発、親友を誘拐されたライラは自ら捜索に乗り出す。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

公開された時結構話題になってたらしい。

公開後も続編の制作が延期になったり中止になったり。

ぶっちゃけ、この映画が公開された時興味のあったファンタジー映画はハリーポッターシリーズと指輪物語シリーズ、そしてパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズぐらいしかなかったから「ライラの冒険」はレンタル開始したら観ようと思ってたけど忘れてた。

ある世界の物語で、この世界の人間は一人に一体動物の守護精霊であるダイモンが行動を共にしていてライラが謎の組織と戦う物語。

私的には普通に面白かったけど、パンチがないというか一回観たらもういいかなー。

しかも、シリーズ三部作品として制作されたから映画の終わり方が中途半端でかなり残念。

ダイモンを切り離されてしまったビリーがどうなったかわからないのが一番モヤモヤする。

 でも、いろいろな動物がたくさん出てきたのは良かった。

ライラのダイモンであるパンがめちゃくちゃ可愛かった。

猫を飼っている身としてはしゃべる動物が身近にいるなんてちょっと羨ましい。

ドラマ版もレンタルされてたからいつか見てみようかなー。