映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【蜩ノ記】見た後の満足感がすごい人間ドラマ

f:id:wponkichi:20200929133804j:plain

蜩ノ記

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:小泉堯史

原作:葉室麟

脚本:小泉堯史/古田求

音楽:加古隆

製作国:日本

上映時間:129分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】


映画 「蜩ノ記」 予告 役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子

7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎(岡田准一)は、秋谷一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれる。秋谷の人格者ぶりを知り、事件の真相を探り始めた庄三郎は、やがて藩政を大きく揺るがしかねない秘密を知るが……。(シネマトゥデイより)

 

 

【感想】

凄い見応えあった。

家族愛がすごい。

藩主の側室と不義理を働き小姓を切り捨てたという冤罪で10年後に切腹を命じられた武士戸田秋谷とその家族の最後の3年間の物語。

秋谷は冤罪を晴らすこともなく、家族にも詳細を語ることもなかったけど、それでも秋谷の家族は秋谷のことを信じて日々を大切に過ごしてた。

幽閉中の秋谷の監視役を命じられた壇野庄三郎は秋谷とその家族と一緒に暮らして秋谷の人柄に触れていくうちに事件の真相を解明し秋谷を助けようと奔走していく。

 秋谷の監視役としてやってきた檀野庄三郎に岡田准一、秋谷の妻に原田美枝子、娘の薫に堀北真希と出演俳優がすごく豪華。

でも秋谷の息子役の吉田晴登がすごく印象に残った。

蜩ノ記」を観るまで知らなかったけど佇まいが凛としてて、取り調べで殺された友人のために一矢報いる姿は本当にかっこよかった。

 ストーリーだけでなく四季折々の綺麗な映像と曲が相まって切なかったけど、それ以上に見終わった後の満足感がすごい。

事件の真相を解く鍵となる文書を提出すれば切腹を免れると言われても、自分の信念を貫き武士としての一生を終える秋谷はとてもかっこ良かった。

主役の役所広司凄かったなぁ。