映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ダークハウス】監督はジェームズ・ワンじゃない…

f:id:wponkichi:20200923124744j:plain

ダークハウス

【作品情報】

原題:DEMONIC

ジャンル:ホラー

監督:ウィル・キャノン

製作総指揮:ボブ・ワインスタイン/ハーヴェイ・ワインスタイン/トッド・ウィリアムズ

脚本:マックス・ラ・ベラ/ウィル・キャノン/ダグ・サイモン

音楽:ダン・マロッコ

製作国:アメリカ合衆国/イギリス

上映時間:83分

製作年度:2015年

 

【感想】

ジェームス・ワンが製作に加わっている映画ということで観て観たけど、正直微妙。

昔、儀式的な何かが行われて参加していた人間がみんな死んだという曰くつきの家に取材に行った団体が何かに襲われ皆殺しにされるストーリー。

いろいろとラストには衝撃の事実が判明するって言う感じなんだけど、正直ふーんって感じであんまり衝撃はなかった。

あるグループが曰くつきの現場に行って何かが起こるという映画ってなんでこんなに登場人物にイラッとするんだろう。

このグループにはひと組のカップルとその彼女の元彼がいて、今彼と元彼のバトルというかイザコザが始まるし、怖いというよりもイライラさせられる映画だった。

ぶっちゃけ印象が薄くて一応ストーリーは覚えてるけど、強烈に覚えているシーンがあんまりない。

最後らへんに元彼が暴走してスーパーに立てこもったシーンが一番印象に残ってるかな。
その後の真相が分かるシーンもジェームズ・ワンっぽくて良かったかも。