映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【サクラダリセット 後篇】ちょっと話がややこしくて難しい…

f:id:wponkichi:20200923004918j:plain

サクラダリセット 後篇

 

【作品情報】

ジャンル:SF

監督:深川栄洋

原作:河野裕

脚本:深川栄洋

音楽:河野伸

製作国:日本

上映時間:126分

製作年度:2017年

 

【あらすじ】


サクラダリセット 後篇(予告編)

絵里(恒松祐里)の記憶操作能力、同級生・智樹(健太郎)の時空を越えて声を届ける能力、奉仕クラブの幽霊部員・陽香(玉城ティナ)の物を消す能力を組み合わせることで、2年前に死んだ菫(平祐奈)をよみがえらせようと奔走するケイ(野村周平)。自分の行動が咲良田市管理局からマークされているのを意識する中、彼は強大な権力を誇る管理局対策室室長・浦地(及川光博)が街の未来を揺るがす計画をひそかに進めているのを知る。さらに計画と菫の関係も突き止め、ケイは美空(黒島結菜)や絵里らと浦地を止めようとするが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

 予告に能力者の抹殺ってあったけど、抹殺じゃないし。

ただ能力を使えないようにしただけだし。

今作は話がややこしくなりすぎて、前作の方が面白くて好きかも。

終盤で浦地とケイのやりとりが難しい。

カルネアデスの板の話を持ってくるから何がなんだか…。

私の頭が悪いのかもしれないけどややこしすぎた…。

菫が2年前になんで死んだのかわかるけどちょっと悲しい。

ケイの側いられなくなるけど、ケイを助けるために死を選んだ菫。

結局ケイは美空を選んで菫は管理局で保護されるラスト。

一番の功労者の菫の視点で見ると報われないなぁって思った。

高校生の話だから若い俳優さんがたくさん出てたけど、やっぱり及川光博の演技は凄い。

ヘラヘラしてるようで心の内は見せない。

平祐奈の演技も好きだけど及川光博も良かったな。