映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【屍人荘の殺人】ただのミステリー映画じゃなかった

f:id:wponkichi:20200923002939j:plain

屍人荘の殺人

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:木村ひさし

原作:今村昌弘

脚本:蒔田光治

音楽:Tangerine House

製作国:日本

上映時間:120分

製作年度:2019年

 

【あらすじ】


映画『屍人荘の殺人』予告【12月13日(金)公開】

ミステリー小説が大好きな大学生・葉村譲(神木隆之介)は、ミステリー愛好会の会長を務める明智恭介(中村倫也)に強制的に入会させられ、学内で起きる事件に首を突っ込む毎日を過ごしていた。ある日、同じ大学に通いながら私立探偵としても活躍している剣崎比留子(浜辺美波)が、犯行予告が届いた音楽フェス研究会の夏合宿に行こうと彼らを誘う。三人は山奥の合宿地・紫湛荘を訪れる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

前情報何にも入れずににレンタル。

序盤でまさかの展開でびっくりした。

ただの殺人事件を解くサスペンス映画じゃなかった。

そして主要人物だと思っていたキャラクターがまさかの序盤で離脱。

いろいろびっくりする映画だった。

サスペンス映画だけど新しい感じのホラー映画みたい。

びっくり具合は「カメラを止めるな」に似てる気がする。

結構レビュー低めだったけど私は普通に楽しめたな。

あと、ふせえりが出てるのポイント高い。

ちょいちょい小ネタ挟んでくる感じも嫌いじゃない。

監督違うけど、「トリック」に雰囲気似てたかも。 

 出演俳優みんな豪華だし、浜辺美波と山田杏奈はすごく可愛いし面白かった。

 たくさん人が死んじゃうけど明るい演出だし気軽に見れたけど、最後の最後にちょっとだけしんみりした。