映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【八日目の蝉】不倫の代償

f:id:wponkichi:20200923002055j:plain

八日目の蝉

 

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:成島出

原作:角田光代

製作総指揮:佐藤直樹

脚本:奥寺佐渡

音楽:安川午朗

製作国:日本

上映時間:147分

製作年度:2011年

 

【あらすじ】


八日目の蝉(予告)

子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

「八日目の蝉」は最後まで目の離せない感動作という宣伝がされていたから、ラストには大きな感動が待ってるかなーと期待して観てたけど、あんまり感動できなかった。

映画自体はすごく面白かったけど。

なんか登場人物に感情移入ができなかった。

不倫相手の子どもを誘拐して、その子どもを4年間も母親として育ててきた宮田京子。

不倫相手の子どもを身ごもって、産みたかったのにおろせと言われて堕胎したことは同情するけど、それで子どもを誘拐しちゃう気持ちが理解できず…。

薫(恵理菜)の実の母親もかなり同情すべき人物だけど、子どもの前でヒステリーを起こしたり、薫を責めたりして薫との溝が埋められないまま時間が過ぎて行ってしまう。

子どもが誘拐されて4年もの間親子としての時間が持てなかったから仕方がないとは思ったけど。

ヒステリーを起して薫が怖がる姿には何とも言えない気持ちになった。

そして、一番最悪なのが薫の実の父親。

京子には妻と別れるからと言い聞かせて不倫を続けて妊娠したら堕胎しろと言う典型的なクズ男。

なんか京子も薫も薫の母もみんなかわいそうだったな…。