映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【羊たちの沈黙】超有名なレクター博士が活躍

f:id:wponkichi:20200923000040j:plain

羊たちの沈黙

【作品情報】

原題:The Silence of the Lambs

ジャンル:サスペンス

監督:ジョナサン・デミ

原作:トマス・ハリス

製作総指揮:ゲイリー・ゲッツマン

脚本:テッド・タリー

音楽:ハワード・ショア

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:118分

製作年度:1991年

 

【あらすじ】

FBI訓練生クラリスジョディ・フォスター)は、連続殺人事件の犯人のヒントを聞き出すために、監禁中の元精神科医で殺人鬼レクター博士アンソニー・ホプキンス)を訪ねる。レクターは、協力する代わりにクラリスに自分の過去を話すように言う。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

アメリカ映画の悪役ベスト50で1位に選ばれた「レクター博士」。

今まで観てきたホラー映画の中で断トツに記憶に残る悪役だった。

精神科医ですごく頭が良くて猟奇殺人犯で人間も食べるという異常性。

収容されている精神異常犯罪者診療所で拘束されている時に隣に収監されている囚人に半日ささやいただけで自殺させるとか怖すぎ。

条件の良い特殊監房で2人の看守を襲い脱走した方法もヤバめ。

看守の人の顔の皮を剥いで自分の顔に被せてけが人を装って救急車で逃げる…。

発想が怖すぎる。

レクター博士役のアンソニー・ホプキンスが本当にすごかった。

演技だと思えないぐらいリアルで、顔つきやしゃべり方が本当に怖い。

羊たちの沈黙」に出てくる犯罪者はレクター博士以外も不気味。

バッファロー・ビル事件は女性を殺して皮を剥いで遺体を遺棄する。

目的は剥いだ皮で洋服を作ること。

被害に合って殺された女性の遺体の喉にガの蛹を突っ込むとか…。

女性の皮を剥いで洋服を作るのは、実際にあった事件を基にしているのは有名な話。

実際は殺人しないで墓を掘り返して遺体から皮を剥いだらしいけど、それでもヤバイ。

バッファロー・ビル事件で捜査協力を求めるためにレクター博士の元へ行ったのがクラリススターリング捜査官。

スターリング捜査官はめっちゃ美人で、頭も良くて勇気もあってすごく格好良かった。

映画の終盤にビルとスターリングが対峙するシーンはとても緊迫感半端なかった

最初から最後まで画面にくぎ付けになる映画でかなり面白かった。
一番最初にこの映画見たの中学1年ぐらいだったな。

よくこの映画みれたな…。