映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【1408号室】ジョン・キューザックのほぼ一人芝居!

f:id:wponkichi:20200922232654j:plain

1408号室



【作品情報】

原題:1408

ジャンル:ホラー

監督:ミカエル・ハフストローム

原作:スティーヴン・キング

脚本:マット・グリーンバーグ/スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキー

音楽:ガブリエル・ヤーレ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:106分

製作年度:2007年

 

【あらすじ】

作家で、アメリカ各地の超常現象などをルポしていたマイク(ジョン・キューザック)のもとに、一通の手紙が届いた。その内容はドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならないというもの。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入るのをやめさせようとする支配人のオリン(サミュエル・L・ジャクソン)を説得し、何とか1408号室に入るが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

ホラー映画は幽霊とか怪物とかゾンビとかが襲ってくる系が多いけど、この映画は部屋自体が襲ってくる感じ。

心霊スポットに行って調査をして本を出版している作家のマイクがドルフィンホテルのある部屋に泊まり怪奇に巻き込まれると言うストーリー。

そこまで怖い映像はなかったけど不気味さは結構あって面白かった。

ドルフィンホテルの1408号室は今まで宿泊した客が56人も亡くなっているといういわくつきの部屋。

死因は飛び降り、窒息、自殺、自然死など

共通して言えるのが宿泊客全員が部屋に入って1時間もたずに亡くなってるらしい。

1408号室に宿泊するまでの支配人とのやりとりが良かった。

絶対に部屋に泊らせたくない支配人と絶対に部屋に泊まりたいマイクの攻防がこの映画の一番の見せ場かも。

マイクが部屋に泊まれることになり、その後はほとんどマイクの一人芝居。

何が原因で1408号室で死人が出ているのかを調べるとかはなくて、マイクがただ単に怪異に襲われていくだけだから少し物足りない感じはあった。

マイクが部屋の怪異から脱出できるのかというストーリーだから、なぜ1408号室に泊まると宿泊客が死ぬのか謎は分からないまま。

私的には原因も知りたかったな。