映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【川の底からこんにちは】”しょうがない“から"頑張ろう"と変わっていく

f:id:wponkichi:20200922232017j:plain

川の底からこんにちは

 

【作品情報】

ジャンル:ドラマ

監督:石井祐也

脚本:石井裕也

音楽:今村左悶/野村知秋

製作国:日本

上映時間:112分

製作年度:2009年

 

【あらすじ】

上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送る佐和子(満島ひかり)は、父親が病で倒れたことから帰郷。一人娘のため父が営むしじみ加工工場の後を継ぐことになるが、従業員のおばさんたちには相手にされず、会社の経営も倒産寸前に追い込まれていた。その上、一緒に工場の後継ぎになりたいと付いてきた恋人にまで浮気されてしまう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

映画序盤は鬱々とした感じで淡々と映画が進むからちょっと飽きるけど、主人公の佐和子が覚醒して腹をくくった当りからストーリーが進むから後半から面白くなる映画だった。

佐和子がとにかく幸が薄くて、5人の男に捨てられるし5年ぶりに実家に帰ってきて家業のしじみ工場を継いで仕事をしてパートのおばちゃんに地味な嫌がらせされるし、付き合ってた男は娘を置いて親友と浮気をして家を出て行くしと本当にツイてない。

映画の前半はこの佐和子の不幸ストーリーで、前半はモヤモヤする。

とにかく実家に娘と一緒についてきた男が最低。

会社を首になったから佐和子に寄りかかろうと必死で、佐和子が駆け落ちしたと知ると佐和子を責めるし、佐和子の親友と浮気するし。

浮気をされたことで佐和子が覚醒してかなりかっこ良くなっていった。

“しょうがない”と何もかもをあきらめていたのに“しょうがない”から一生懸命頑張ると気持が変化していき傾いていたしじみ工場を立て直して、パートのおばちゃんたちと仲良くなって、男が置いていった娘と打ち解けて行くまでがかなり面白い。

“しょうがない”から一生懸命頑張るようになっていく満島ひかりがすごく良かった。

私的には満島ひかりの他に佐和子の叔父役の岩松了も好き。

明日も頑張ろうって思える映画だった。