映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【女子ーズ】ゆるーく日本を守る5人の女性たち!マジでゆるい特に司令官

f:id:wponkichi:20200907000517j:plain

女子ーズ



【作品情報】

題名:女子ーズ

ジャンル:コメディ

監督:福田雄一

脚本:福田雄一

製作国:日本

上映時間:97分

製作年度:2014年

 

【あらすじ】


映画『女子ーズ』予告編

名字に色が入っているだけで、チャールズ司令官が指揮するヒロイン戦隊・女子ーズのメンバーにされてしまった女性たち。そのうちの一人である赤木直子(桐谷美玲)は、レッドと名付けられてリーダーを務めることに。ギャル風のブルー、お嬢様のネイビー、貧乏なイエロー、夢見がちな劇団員のグリーンを束ねて地球を襲撃する怪人たちに立ち向かうレッドこと直子。しかし、恋、仕事、美容などで忙しいことから、戦いの場にメンバーが集合しないという、とんでもない状態に陥ってしまう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

最初から最後までずっとゆるかった。

福田雄一監督の映画の中で結構上位に入るぐらい好き。

どこまでが台詞でどこからがアドリブなのか分からないところもめちゃくちゃ良い。

そして何よりも女子ーズメンバーが豪華。

今だったら絶対集まらないメンバーって言われてるのが良く分かる。

いきなり、何の説明もなく集められる女子5人。

司令官のチャールズが女子ーズとして怪人と闘えと言い出す。

そして何でこの5人を集めたかというと名前に色が入っていいたからという衝撃の事実。

赤木はOLの真面目ちゃん。真面目ゆえリーダーになる。

青田はギャルでアパレルショップの店員。

黄川田は貧乏でバイトを掛け持ちしているフリーター。

緑山は劇団に所属している劇団員。けど芝居がくさい。

紺野はお金持ちのお嬢様。男の趣味がめちゃくちゃ悪い。美人なのに。

なんだかんだ怪人と戦う事になった5人。

青田と紺野はまぁまぁ適当人間。

青田はマツエクで戦闘を欠席。

紺野は野暮用で欠席。

何ともゆるい女子たちに地球が守られていると言う事に笑える。

女子たちのゆるさの上を行くのが司令官のチャールズ。

前に怪人と戦っていた人たちが任期満了で解散することになり、女子ーズを集めたチャールズ。

集めた理由が名前って…適当過ぎる。

理由を求められて、真面目だから赤木を選んだとか黒子の位置が良いから緑山を選んだとか本当に適当過ぎ。

でもそんな適当な所が良い。

演じているのが佐藤二朗だし。

この映画で一番チャールズが好き。

この映画をさらにゆる~くしているのが怪人たちだと思う。

地球を侵略しに来てるのに、首都圏を襲うわけでなく更地で女子ーズと闘ってくれる優しい怪人たち。

そして、女子ーズがメンバー集めをする間は律儀に戦闘を待ってくれていたり怪人たち良い人達すぎ。

一日中待ってくれてたし。

出てくる怪人たちは8体。

ワカメヌルン(ワカメ怪人)

エリンギモルグ(エリンギ怪人)

ジュンサイドルド(ジュンサイ怪人)

カメムシゲルゲ(カメムシ怪人)

キツツキツツキー(キツツキ怪人)

スネークネルネ(スネーク怪人)

メタルゴードン(金属怪人)

モチザザザ(お正月怪人)

 

カメムシゲルゲは臭すぎてファブリーズを買いに行って戻ってくるまで待ってくれてたし。

それでファブリーズに混ざっていた殺虫剤で撃退されちゃうし。

メタルゴードンなんて半日以上待っていてくれてたし。優しすぎる。

待っている間にショッカーたちと楽しくワイワイやっているメタルゴードンがちょっと可愛かった。

あとは最初にチャールズに集められた時にチャールズが黄川田に言い負かされている所がかなり好き。

佐藤二朗のアタフタ具合が何とも言えず面白い。

そして、黄川田役の高畑充希の反撃がすごい。

あのやり取りで笑わずに演技を進める有村架純もすごいし。

他のメンバー3人は笑っちゃってダメだったらしい(笑)。

監督の話では、佐藤二朗の演技に笑っちゃった場合は下を向くようにと言われていたらしく、3人はずっと下を向いていたそうでその時の画が使えなかったらしい。

本当面白かった。

ちょいちょい福田雄一監督作品に出ている俳優が出てるのが笑える。

ムロツヨシなんて電車でちょっと女子ーズに絡むだけだったし。

緑山の劇団の演出家の皆川も全体的におかしかったし。

演出家役の安田顕がもう真剣に変な演出やってるから本当笑えた。

そして、毎回福田監督作品に出ていると言っても過言ではない上地春奈とラバーガールの大水のキャラの強さもヤバかったし。

とにかく脇役勢も個性が強すぎてすごかった。

好き嫌い分かれそうだけど、私はめっちゃ好きな映画だった。