映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【犬鳴村】映像が綺麗すぎてホラーっぽくない

f:id:wponkichi:20200906224607j:plain

犬鳴村

【作品情報】

ジャンル:ホラー

監督:清水崇

脚本:保坂大輔/清水崇

音楽:海田庄吾

製作国:日本

上映時間:108分

製作年度:2019年

 

【あらすじ】


『犬鳴村』本予告

臨床心理士の森田奏(三吉彩花)の周りで、不思議な出来事が起こる。奇妙なわらべ歌を歌う女性、行方不明になった兄弟など、彼らに共通するのは心霊スポット「犬鳴トンネル」だった。さらに突然亡くなった女性が、死ぬ間際にトンネルを抜けた後のことを話していた。奏は何があったのかを確かめるため、兄たちと一緒に犬鳴トンネルに向かう。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

自分がホラー映画見過ぎて耐性できただけなのか、単に怖くないのかわからないけど全然怖くなかった。

村人の霊が襲ってきたり、女性が犬みたいになって追っかけてきたり、白骨死体がしがみ付いてたりするけど全然怖くなかった。

突っ込みどころけっこうあったし。

お葬式でお骨が出てきたけど、あんな綺麗な形で残ってないよ普通。

ラストに霊と犬になりかけた女性が追っかけてくるけど激遅だから走れば3人で逃げられたと思うんだよね。

なのに何故か立ち止まったままで何故か兄が犬女を食い止めて命を落とすっていう…。

犬女の動きを不気味にしてたけど何故か全然怖くなかったなぁ。

いきなり人が落ちてきたりいきなり音を出したりして怖さを出してたけど映像的には怖いシーンがなかった。

清水監督は正直“呪怨”がピークだと思うなー。