映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ペネロピ】自分の力で未来を切り開く少女のお話

f:id:wponkichi:20200826141420j:plain

ペネロピ

【作品情報】

原題:PENELOPE

ジャンル:ラブストーリー

監督:マーク・パランスキー

脚本:レスリー・ケイヴニー

音楽:ジョビィ・タルボット

製作国:アメリカ合衆国/イギリス

上映時間:101分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】


ペネロピ

魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れるが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

公開されてすぐに観に行った覚えがある。

ペネロピがすごい可愛くて、映像も可愛くてとっても好きになったこの映画。

久しぶりに観てみたけど、変わらず良い映画だった。

前に観た時よりももっと好きになったかもしれない。

男の人に守ってもらうだけの映画じゃないから特に。

自分の力で未来を切り開くペネロピがすごく素敵で本当に良い映画だった。

ペネロピのご先祖様の一人が使用人に手を出して妊娠させたけど責任を取らなかったせいで魔女に呪いをかけられてしまったウィルハーン家。

女の子が生まれた場合その子は豚の鼻と耳を持って生まれてきてしまう呪い。

この呪いを解くには名家の子息と恋をして結婚する必要があるらしい。

ペネロピが生まれてから、ペネロピ家族はパパラッチに追われ周囲の人間には怖がられたため両親はペネロピを死んだ事にして偽装のお葬式までしてペネロピを外に出さず家の中で育て続けた。

両親はペネロピのことを愛しているけど過保護。

特に母親が。父親はまともなんだけど母親のごり押しに勝てない感じ。

こんな母親絶対嫌だ。

大人になったペネロピはマジックミラー越しに何人もの婿候補とお見合いをしてきたけど、姿を見せると皆パニックになって逃げちゃう。

しかも逃げ方がアグレッシブ。みんな2回の窓ガラスを突き破って逃げてた

そこまでペネロピ怖くないと思うんだけど

むしろ見た目は可愛い。

ある日同じようにお見合いをしたエドワード。こいつがクソ。

こんなクソ人間見たことない!ってぐらい人間としてダメな人。

ペネロピの両親がエドワードに口止めできなくて、エドワードはペネロピの正体を暴くため記者レモンと組むことに。

レモンは昔ペネロピが小さい頃にペネロピのスクープを撮ろうと躍起になった記者の一人。

最初は嫌な奴だったんだけど、次第にペネロピの本当の姿を知って心が変わっていく人の一人になる。

エドワードはペネロピの顔の写真を撮るためにスパイを送り込む。

このスパイが名家の子息だけどギャンブルに溺れてお金に困っているマックス。

姿が見えないペネロピに惹かれて行くマックス。

ピアノのシーンは思わずキュンときた。

二人の甘酸っぱい感じがすごく好き。

姿を観ても怖がらなくて両想いなのが観ていて痛いほどわかるんだけど、ペネロピとの結婚を断ってしまうマックス。

これには理由があったんだけど、断った時は観てるこっちがヤキモキした。

マックスに振られお見合いに嫌気がさしたペネロピは家出をすることに。

マフラーで顔を隠してホテルに泊まり今まで観る事のなかった街並みを観るペネロピ。

いろいろと溜まっていたものが解放されていく感じですごく楽しそうだった。

初めてバーに行ってビールを飲んで、このバーのマスターがすっごく良い人。 

このバーで友達もできるし。

友達のアニーは今時の女の子って感じでペネロピをクラブにつれて行ったりバイクの後ろに乗せてドライブをしてくれたり。

付き合いは短いけど親友になっていく二人。

バーのマスターに引き続きアニーもめちゃくちゃ良い人だった。

家出したペネロピを探し続けていた両親。

両親と鉢合わせし追いかけっこをした結果、ペネロピの顔が周りの人に知られてしまう。

ペネロピの意思でもあったけど、ペネロピの存在が世間に知られることになって世の中の人たちはペネロピを受け入れてくれるようになる。

ペネロピが市長と会ったり、記念植樹をしたりして一躍有名人に。

辛い事をばねにして、強く生きるペネロピがとても素敵だった。

周りの声なんて気にしないでありのままの自分を受け入れている感じがとても心に響いた。

ペネロピは皆の人気者になるんだけど、ペネロピを貶めようとしたエドワードの評判はガタ落ち。

そのため、評判を回復させようとしたエドワードはペネロピと婚約することに。

ペネロピは乗り気じゃなかったんだけどペネロピの母親が乗り気で強引に話を進めてしまう。

本当観てるとペネロピの母親が毒親すぎる。

ペネロピの中身を観ないで表面ばかり気にしちゃって暴走している母親。

ペネロピの為と言っているけど半ば意地になって結婚を進めようとしている母親に何とも言えない気持ちになった。

娘の内面を観ないで一番大事なものを失っちゃう母親がちょっと可愛そうな人に思えた。

結婚式を直前で拒否したペネロピは部屋に籠り母親と言い合いをする。

その時姿を元に戻すため望まない結婚はしない、今のままの姿の自分を愛していると言葉にした瞬間呪いが解けたペネロピ。

人間の姿に戻ったペネロピは家を出て、自分の人生を歩むことに。

教師になったペネロピはあるハロウィンの夜にマックスと再会する。

この時の再開シーンがすごく良い。

ラブストーリはあんまり得意じゃなと思っていたんだけど、ペネロピを観てすごいキュンキュンした。

今思い出しても顔がニヤケる。

最後の最後でマックスとくっついてハッピーエンド。

良い映画だった