映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【レディ・イン・ザ・ウォーター】現代に起きたおとぎばなし風のファンタジー

f:id:wponkichi:20200826140759j:plain

レディ・イン・ザ・ウォーター

【作品情報】

原題:LADY IN THE WATER

ジャンル:ファンタジー

監督:M・ナイト・シャマラン

脚本:M・ナイト・シャマラン

音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:110分

製作年度:2006年

 

【あらすじ】


レディ・イン・ザ・ウォーター(プレビュー)

 

アパートの管理人クリーブランドポール・ジアマッティー)は、トイレの修理、害虫の退治など日々雑事に明け暮れていた。そんなある日、何者かが毎夜アパートのプールで泳いでいることに気づいたクリーブランドは、ついにその正体を突き止めるが、それはストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)と名乗る謎めいた娘だった。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

なんかゴールデンラズベリー賞ノミネートされて、最低監督賞と助演男優賞を受賞した映画みたいだけど私は結構好き。

確かにシャマラン監督特有の驚くようなオチは無かったけど、ファンタジー映画としては面白かったと思うけどな。

シャマラン監督の最高傑作はシックス・センスでこれを超える映画を作るのは難しいとは思うけどこの映画はこの映画で結構好き。

こういったファンタジー映画って結構私好み。

アパートの管理人をしている中年男性クリーブランド

プールの管理をしたり、家に出た害虫や害獣を駆除したり、新しい住人をアパートに案内したり。

ある日、プールの様子がおかしいと言われプールの見回りをしていたクリーブランドはプールの中に少女がいる事に気がつく。

クリーブランドは吃音の症状がある人ですごく人が良さそうな感じ。

アパートの住人がキャラクターがめっちゃ濃い。

韓国人の大学生も重要な役目があり。

何故か体の片側しか鍛えない筋肉隆々の男性がいたり。

ひと部屋でいつもだべっている若い男性の集団がいたり。

パズルの好きな父息子がいたり。

特に片方の体だけ鍛えている男性が濃い。

途中あんまり出てこないけど。

少女ストーリーは自分の事を“ナーフ”だと言い、クリーブランドはアパートに住んでいる韓国人大学生にナーフの事を聞きまくる。

ナーフは東洋の伝説に出てくる人間の世界とは別の世界に住む水の精らしい。

ナーフは自分の世界に戻るために旅をしているんだけど、この旅を邪魔してナーフを殺そうとする化け物スクラントがいるとのこと。

スクラントは狼のような姿で草のような毛をしているため人間には見つける事が出来ない。

ナーフは人類を正しい道に導いてくれる水の精で人間はもともと一緒に暮らしていたんだけど、人間は次第にナーフを気に留めなくなり存在に気がつかなくなっていったらしい。

だから人間は殺戮や戦争を繰り返し行うようになり、人類の未来は絶望しかないってことでナーフが危険を冒して人間の世界に出没しているという。

とってもファンタジー

ナーフが自分の世界に戻るためには通訳者・守護者・ギルド・ヒーラーを見つけなければいけないという。

そして、その話を信じたクリーブランドはストーリーを元の世界に戻すために役割を持った人間を見つける事にする。

アパートの住人を調べてこの役割を持っていそうな人を探すクリ―ブランドは最初に出てきた人とは別の人なんじゃないかってぐらい積極的になってどもりも段々出なくなって行く。

クリーブランドが本当に良い人だった。

普通自分は水の精なんですって言われて信じる人は少ないと思う。

というか大半の人は警察呼ぶと思う。

こういうすぐに信じちゃうのファンタジーって感じ。

とりあえず役割を持っているであろう人を集めてストーリーを元の世界に戻そうとしたんだけど、失敗してストーリーはスクラントにボッコボコにされちゃう。

ヒーラーの力を借りてストーリー復活の儀式をするんだけどこれも失敗。

実はヒーラーはクリーブランドだった。

ギリギリのところで正しい役割の人を見つける事が出来て儀式も成功しストーリーを復活させる事が出来たアパートの住民たち。

住民たちも信じる人半分疑う人半分ぐらいだったんだけど、復活の儀式を見て皆ストーリーが水の精だと信じるようになる。

役割を持つ正しい人が見つかったと言う事で改めてストーリーを元の世界へ送ろうとするアパートの住人達。

実はストーリーはナーフのボス的存在であるマダム・ナーフというやつだったらしくスクラントも絶対にストーリーを殺したいらしい。

ってことで大量のスクラントがプールの周りを取り囲むけど、最後の最後で守護者が現れそしてスクラントの天敵であるタルタティックも出てきてスクラントを撃退して無事ナーフを守護獣の鷲に引き渡して終了

最後の守護者が出てきたときはちょっと笑った。守護者はお前かっ!ってなる。

昔友達と見て盛り上がったなー。

久しぶりに見たけど面白かった。