映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【亜人】主人公にあまり共感できず…

f:id:wponkichi:20200826135337j:plain

亜人


【作品情報】

原題:AJIN

ジャンル:アクション

監督:本広克行

原作:桜井画門

脚本:瀬古浩司/山浦雅大

音楽:菅野祐悟

製作国:日本

上映時間:109分

製作年度:2017年

 

【あらすじ】


佐藤健主演!実写映画『亜人』特報映像

2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

正直主人公の圭より佐藤の方が好き。

そりゃ20年も拷問され続けたら政府とか人間を恨むよなって思う。

亜人だとわかって政府に連れて行かれた日から拷問され何度も殺されてた圭を助けたのに、恩を仇で返されたらそりゃ怒るわ。

この映画は圧倒的に人間側が悪なのに、佐藤たちが敵になってて自分的には違和感あったなー。

内容はちょっと微妙だったけどアクションは見応えあった。

佐藤が凄い。一人でSATを倒すシーンとか凄すぎる。

CGも黒い幽霊が出てくるシーンは結構迫力あったし。

原作漫画は読んだことなくて内容知らないけど、映画はまとまってたなって思う。

続編あるような演出だったから、ぜひ佐藤を、復活させて欲しい。