映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ひるなかの流星】こんな教師いない。もはやファンタジー

f:id:wponkichi:20200823005528j:plain

ひるなかの流星

 

【作品情報】

ジャンル:青春

監督:新城毅彦

原作:やまもり三香

脚本:安達奈緒子

音楽:羽毛田丈史

製作国:日本

上映時間:119分

製作年度:2017年

 

【あらすじ】


映画『ひるなかの流星』予告編

田舎育ちの高校生・与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の転勤がきっかけで、東京の高校に転校する。面倒見のいいイケメン担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)に、生まれて初めて恋心を抱く。獅子尾も彼女の真っすぐな性格に同じ思いを抱くが、自分の立場を考えるとなかなか素直になれなかった。一方、不愛想なクラスメートの馬村大輝(白濱亜嵐)は、すずめのことをうっとうしいと思うが、いつしか彼女に惹(ひ)かれていき……。

 

【感想】

こんなチャラい高校教師はいないと思う。

邦画の恋愛映画はファンタジーなのが多い。

恋愛映画は苦手なんだけど永野芽衣が好きだから一応見てみた。

やっぱり見てるとむず痒くなる。

先生が1人の生徒だけあだ名で呼ぶとかない。デートにも誘うし2人っきりで会うし。

馬村も見た目チャラいけど、断然馬村派。

この映画も高校卒業して結局先生とすずめがくっつくんだろうなーって思ってたけどちょっと違ってたわ。

このラストは私的には納得。

みんな収まるところに収まって良かったねって感じ。

転校してきて男子と仲良くなって、クラスメートの女子から反感食らって喧嘩して、その女子とも親友になって、先生と同級生の間で揺れ動いてっていう王道の恋愛ストーリーだった。

とにかくすずめ役の永野芽衣が可愛い映画だった。