映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【こどもつかい】ホラーだけど全く怖くない

f:id:wponkichi:20200823004236j:plain

こどもつかい

【作品情報】

ジャンル:ホラー

監督:清水崇

脚本:ブラジリィー・アン・山田/清水崇

音楽:羽深由理

製作国:日本

上映時間:111分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】


映画『こどもつかい』特別映像

 

郊外の街で子供たちが姿を消し、さらに帰ってきた子供に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げるという事件が発生。新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)は事件について調査し始める。一方、彼の恋人で保育所勤務の原田尚美(門脇麦)は、ある日母親が迎えに来なかった男の子を預かるが、そこへこどもつかい滝沢秀明)が近づき……。

 

【感想】

お化けの親玉がタッキーだからかな…全然怖くない。
メイクしてても何しててもタッキーだからな…。
子どもの霊も顔がちょっと怖いだけで迫ってくる時とか全然怖くなかったし。
唯一びっくりしたのが序盤で母親が殺された時の顔。そこが怖さのピーク。
虐待をテーマにしてるのは良かったけどホラーとしては全然面白くなかった。
ただのジャニーズ好きに向けたジャニーズ映画だった。
タッキー演じるトミーは黒猫だったりカラスを見に纏った衣装を着てるんだけどなんかちゃっちいし。
終盤人形の姿と人間の姿が交互に映されるんだけど、人形姿のトミーも全然怖くなかったし。
多分トミーはハーメルンの笛吹きをモチーフにしてるのかな。同じモチーフの「笛を吹く男」の方が後味悪いし怖いし面白かった。
清水監督は呪怨がピークだったなぁ。
最近の映画はどうなんだろう。
犬鳴村とかまだ観てないんだけど面白いのかなー。