映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【天気の子】思った以上に現代の日本の問題が描かれているアニメ

f:id:wponkichi:20200822233524j:plain

天気の子

【作品情報】

原題:WEATHERING WITH YOU

ジャンル:アニメ

監督:新海誠

原作:新海誠

脚本:新海誠

音楽:RADWIMPS

製作国:日本

上映時間:114分

製作年度:2019年

 

【あらすじ】


映画『天気の子』予報①

 

高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

やっぱり新海誠監督の映画は映像が綺麗。

特に空のシーンがすごい。

前作もだけど、RADWIMPSの野田さんの曲が凄くマッチしていて幻想的な映像がたくさんだった。

花火のシーンがすごく印象に残った。アニメじゃないと見れないような映像で鳥肌立つぐらい綺麗。

映像だけじゃなくてストーリーもすごく面白かった。

大人には理解できない事が陽菜と帆高に起こり、周りの大人がほだかのことを精神不安定な子どもとして扱うのがすごく歯痒く感じた。

警察官のやってることは正しいんだけど、やっぱり見てるとイラつく…。

あと、帆高を助けてくれた圭介も最後の方で邪魔するからもう…。

帆高を思っての行動だけど余計なことするなーって見ながら思った。

この映画で好きなキャラが圭介の姪の夏美と陽菜の弟の凪。

2人ともいいキャラしてた。

夏美はかっこ良すぎるし、凪は小学生なのに彼女がいっぱいいてませてるし。

終盤に夏美が帆高を助けるシーンが本当かっこよかった。

スーパーカブでの激走がかっこ良い。

帆高が家出した理由が描かれていなかったからそこはもう少し知りたかったかも。

高校に行かずに16歳の少年が一人で東京へ行くって相当追い詰められていると思うんだよね。

家庭環境に問題のある子どもたちが主人公だから面白かったけどちょっと心がザワザワする映画だった。