映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【AI崩壊】遠くない未来の話になるかもしれない

f:id:wponkichi:20200822232847j:plain

AI崩壊

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:入江悠

脚本:入江悠

音楽:横山克

製作国:日本

上映時間:131分

製作年度:2020年

 

【あらすじ】


映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

2時間弱ハラハラドキドキが止まらないめちゃくちゃ面白いサスペンス映画だった。

桐生が毎度毎度ピンチに陥って絶対逃げ切られないだろうっていう状況から何度も逃げ切るのが凄い。

AIって使い方を間違えると人間には脅威になるのが凄いわかる映画だった。

健康状態とか把握して治療に活かせるのはすごく便利だし安心だけど、悪用されたら個人情報とかただ漏れでめっちゃ怖い。

今の人類がこの映画みたいなAIを持つのは早いなって思った。

AIにプログラムを入れて反乱を起こさせた人物が最後の方までわからなかった。

内部の人間がやってるのか、桐生の義弟だったらどうしようかと思った。

反乱を起こさせた理由がまじで胸糞。

わからなくもないけど極端すぎる。

AIに命の選別をされるとか怖すぎる。

しかも、命を奪う方法が癌患者だったら癌細胞を増殖させるとか怖すぎ。

近未来のSFって感じで本当面白かった。

ただ終盤の盛り上がりがちょっとくどかったなー。

医療AIの「のぞみ」を再起動するまでの時間が長すぎる。

話の流れ的に成功するのはわかってたからもういいよ…長いよって感じた。

全体的にはすごい盛り上がって面白かったけど。