映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【ダークネス】呪いの石のせいで家庭崩壊の危機

f:id:wponkichi:20200816235150j:plain

ダークネス

 

【作品情報】

原題:THE DARKNESS

ジャンル:ホラー

監督:グレッグ・マクリーン

脚本:グレッグ・マクリーン/シェイン・アームストロング/SP・クラウゼ

音楽:ジョニー・クリメック

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:92分

製作年度:2016年

 

【感想】

そこまで怖くないけど、ちゃんと作られている感じというか無難なホラー。

悪魔が封印されていた石を絵に持ち帰っちゃう事で家で不審な出来事が頻発して家族中がどんどん悪くなっていく。

再び封印をして、苦難を乗り越えた家族が再び絆を取り戻していくというホラー映画。

そんな怖くないし、スプラッター系の映像もないから子どもやホラーが苦手な人も観やすい映画じゃないかなと思う。

悪魔の姿も出てくるけど、動物の姿をしているから怖さもないし。

初心者向けの映画かなとは思うけど、ストーリー的には普通に面白かった。

ピーターは建築関係で成功している建築士

ブロニーは優しい専業主婦。

ステファニーは反抗期だけど、一応両親の言う事は聞いている長女。

マイケルは自閉症があり、普通の子供が怖がるものを怖がらない男の子。

一見幸せそうな家族だけどピーターは過去に浮気をしており、ブロニーアルコール依存症だった事があったりとなかなか問題のある家族だった。

この家族がマイケルが石を持ち帰った事でもともと不安定だった家族仲がどんどん悪くなっていく。

キャンプから帰ってきてから家の中ではおかしなことが多発する。

キッチンでは異臭がするようになり、隣の家で買われている犬が吠えるようになり、家の中で家族以外の気配を感じるように。

ステファニーがシャワーに入っていると物音がし、様子を見に行くと鏡に手跡がついていたり、ベッドに黒い手形がついていたり。

おかしなことが頻発するようになっていったんだけど、ピーターは家族と向き合おうとしないし、ステファニーは食後に嘔吐を繰り返す拒食症になってしまったし、ブロニーは再びお酒に手を出してしまうし。

マイケルは家の壁に火をつけ、壁が真っ黒になったりもするし。

家族がどんどんバラバラに。

隣の家の犬が侵入して、ステファニーの腕を噛んでしまったんだけど、次の日犬が保健所に連れて行かれるシーンは少しやり切れなかった。

いろいろ奇妙ことがおこるんだけど、影は見えるけど幽霊の実物が出てこないからその分不気味というか、恐怖感が増す演出だったと思う。

怪奇現象の原因の石だけど実は古代アナサジ人が悪魔を封印した石で、その石を持ってきてしまったことで封印がとけ悪魔が家についてきてしまったという。

悪魔は名前を言うことができないけど、蛇、バッファロー、カラス、狼、コヨーテの5匹の生き物の姿をしているらしい。

マイケルが、壁の焦げを通って悪魔に連れて行かれそうになるんだけど、ピーターが身代わりになると申し出てピーターが連れて行かれることに。

連れて行かれると思いきやマイケルが石を元の祭壇に戻したことで再び悪魔は封印され、一家は平和な日常を取り戻すことができた。

困難を乗り越えて家族の絆を取り戻すっていうホラー映画は正直私の好みの映画ではないんだけど、これは普通に面白かった。

いきなり水道がでたり、ものが倒れたりするからビクッとなることはあるんだけど、悪魔自体はぜんぜん怖くないから怖いの苦手な人もぜんぜん見られると思う。

正直怖くないけど、普通に楽しく最後まで見られる映画だった。

自分があの立場になったら相当怖いとは思うけど。

いきなり部屋の壁に手形がついたりするのは少し怖かった。