映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【サプライズ】両親の結婚祝いで起こる惨劇…首謀者はアイツ…

f:id:wponkichi:20200803002815j:plain

サプライズ

 

【作品情報】

原題:You're Next

ジャンル:ホラー

監督:アダム・ウィンガード

脚本:サイモン・バレット

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:94分

製作年度:2011年

 

【あらすじ】

両親の結婚35周年をみんなで祝福するため、息子のクリスピアン(AJ・ボーウェン)と恋人エリン(シャーニ・ヴィンソン)をはじめ、久しぶりに家族が顔を合わせる。だが、彼らの一家団らんの時間は、ヒツジやキツネやトラのマスクをかぶった集団が押し入ったことにより突如終わりを告げることになる。いきなりの襲撃に誰もがパニック状態に陥るが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

DVDのパッケージでめちゃくちゃ気になっていたこの映画。

特報とかでは動物の面をかぶった謎の男達が襲撃してくるって言う情報だけで謎だらけ。

結構期待して見た映画だけど、期待どおりかなりおもしろかった。

映画の序盤というか初っ端から男女が殺されるところから始まり、男達が何の目的でこんな事をしているか後半あたりまで全く分からないからドキドキ感がかなりあった。

年齢指定入っているだけあってバイオレンスシーンはかなり満載。登場人物十数人いるんだけどほとんど死んじゃうし一人ひとりの殺され方がかなりえぐい。

でもそれ以上にストーリーがかなり面白く観いってしまった。

ポールとオーブリーは結婚35年目。

ポールは軍事関係の仕事をしていたが早期退職をし退職金も大量に入ったかなりのお金持ち。

そんな2人は田舎に別荘を買い結婚35年目のお祝いで子どもたちを招待していた。

招待されたのは長男夫婦ドレイクとケリー。

二男のクリスピアンとその恋人エリン。

三男のフィリックスとその恋人ジー

長女のエイミーとその恋人タリク。

ポールとオーブリーを入れて集まったのが10人。

この長男ドレイクがいけすかない奴で長男の自分が一番偉いと思っているようなやつでいちいち人の気に障る事を言っちゃう奴。

正直コイツ一番に殺られないかなって思うぐらい嫌な奴だった。

夫も嫌な奴なら妻のケリーもいけすかない女だったけど。

クリスピアンは大学で研究をしているけど、あまり研究成果が芳しくない感じ。

そして元教え子のエリンと付き合っている。

兄弟4人全然似てないしめちゃくちゃ中の悪そうな兄妹だった。

両親は二人とも上品で常識もあるようなのになんであんな子供たちがうまれるのか…って感じだった。

兄弟の中で一番エイミーがまともだったかな。

10人が別荘に集まり、ディナーをしているとやっぱりドレイクが周りの人にケンカを売り始めてクリスピアンと口論になってしまう。

みんなで口論大会になっているところ、外に異変を感じたタリクが窓のそばへ行くとクロスボウの矢が飛んできてタリクの頭に突き刺さる…。

そして一気に9人はパニックに陥ってしまう。

一番最後までこの映画を観て可愛そうなのがタリクだと思う。

エイミーと結婚していたならまだ殺される動機はあるけど、ただ、お祝いに呼ばれて同席してただけ。

一番のとばっちりだったと思う。

そから部屋ではパニックが起き、母親のオーブリーをかばって長男のドレイクが背中を矢で撃たれるが致命傷にはならず。

皆で玄関の前まで非難し、長女のエイミーが走って助けを呼びに行こうとする。

しかし、玄関前にピアノ線が張ってありピアノ線に喉を切られエイミー絶命。

次に部屋に横になりに行ったオーブリーが部屋に潜んでいた犯人に殺される。

その犯人と鉢合わせになったケリーがパニックになり外へ飛び出してしまう。

隣の家に助けを呼びに行くが、隣人はすでに殺されており、そこでケリーも殺されてしまう。

助けを呼びに行こうとクリスピアンが外へ行き、家に残っているのが父親ポール、ドレイク、エリン、フィリックス、ジーの5人に…。

謎の男達は3人狼、羊、狐の3人。

前半はなすすべもなく次々と殺されていってしまう感じ。

このまま、襲撃されていき皆殺されてしまうのかと思ったけど、まさかのエリンが大活躍だった。

めっちゃ強い。

エリンは小さい頃に父親につれて行かれたサバイバルキャンプで育ったため、サバイバル能力が格段に高い。

皆がパニックに陥っている中一人だけ家じゅうの窓を閉めて鍵をかけたり、武器になるようなものを探したり。エリンニついていけば生き残れるかも!!って感じ。

男に反撃されても隠し持っていた包丁で逆に刺したり、襲ってきた狼を逆に殴り殺したり。

板にくぎを刺してトラップも作ってた。

2階に追い詰められたけど窓を破って逃げたり、次々と犯人たちを倒していくエリン。

めっちゃ強かった。

3人いた動物の仮面をかぶった男達は全員エリンに返り討ちにあってた。

この仮面をかぶった男達は実はクリスピアン・フィリックス・ジーが雇った男達で金銭的に困っていた3人が親の遺産を手に入れるために計画したものだった。

この兄弟2人マジでクズ過ぎ。

特にクリスピアンが。クリスピアンはエリンだけ生き残って事件の証人にするつもりだったと言ってたけど、エリンが死ぬ可能性も高かったわけだし。

最後に大金が入るとエリンに持ちかけるクリスピアンが一番クソだった。

計画がばれてフィリックスとジーもエリンを殺そうとするんだけど、返り討ちにあう。

フィリックスはミキサーで頭をぐちゃぐちゃにされ、ジーは脳天にナイフを突き刺され死亡。

そしてクリスピアンは計画をすべてエリンに話した後エリンにナイフで刺され死亡。

ちなみにポールは仮面の男に喉を裂かれ死亡。

ドレイクはフィリックスにお腹を刺され死亡。

生き残ったのはエリンただ一人という状況に。

いや、もう本当に胸糞悪い終わり方。

真犯人が二男三男だったっていう設定はすごく面白かった。

長男はともかく他の家族はすごい良い人そうというか家族中は悪くなさそうだったのに金が絡むとこんな事になっちゃうんだとちょっと怖くなったけど。