映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【クリーピー 偽りの隣人】隣人役の香川照之が最高に気持ち悪い!

f:id:wponkichi:20200803001433j:plain

クリーピー 偽りの隣人

【作品情報】

原題:CREEPY

ジャンル:サスペンス

監督:黒沢清

原作:前川裕

脚本:黒沢清/池田千尋

音楽:羽深由理

製作国:日本

上映時間:130分

製作年度:2016年

 

【あらすじ】

刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

後味が最高に悪い!

解決しないしスッキリしないし…中途半端に終わっちゃった感じがするから、原作がどんな感じか調べたら全然違った…。

中盤はどんな結末になるのか気になって面白かったんだけど、終盤に行くにつれて気分がドーンと下がる映画だった。

出てくる人たち全員不幸になって終わっちゃった。

事件が解決して、真相が分かって犯人もちゃんと罰せられるのかなって期待してたけどそんな終わり方じゃなかった。最悪のラストではなかったけどまぁまぁ胸糞悪い終わり方。

そして、この映画をみて過去にあった事件を思い出した。

一家を洗脳して家族同士で殺しをさせる事件が昔あったと思うけど、この事件を思い出させる映画だった。

事件の捜査や犯人を捕まえる事よりも、犯人を分析するほうが向いている高倉。

そんな高倉は取り調べ中に脱走した犯人に刺されたことで警察を辞めて心理学者となり大学に勤める事になった。

高倉は引っ越しをして妻の康子と犬のマックスと一軒家に住む事になるんだけど、その隣人の西野がすごく気持ち悪い。

普通の会話をしていたと思ったらいきなり怒りだしたり、話がかみ合わなかったり。

気持ち悪いし怖かった。

高倉は康子に西野とは関わらない方が良いって言うんだけど、康子は好奇心や隣人と仲良くしたいと言う気持ちからか西野を気にかけるようになってしまう。

西野と関わっていろいろと嫌な思いしたのにさらにご近所付き合いをしようとする康子の気持ちが理解できなかった。

変な事を言われたあとだってのに次の日にシチューを差し入れしにいくとか…。ちょっと私には理解不能な行動だった。

刑事時代の後輩の野上がある日高倉のもとにやってきて、6年前の一家失踪事件について調べて欲しいと頼みに来た。

一家失踪事件だけど、当時中学生だった早紀という娘だけが残されており、高倉は早紀に話を聞くことに。

早紀にいろいろと話を聞いていくと隣に住んでいた水谷という人物にたどり着く。

水谷が一家失踪事件に関わっているのかと思いきや、失踪した一家が住んでいた隣の家で4体の遺体が発見され、それが早紀の両親と兄、そして水谷の遺体である事が判明する。

事件を調べて行くと同時に西野が怪しいと感じた高倉は野上に西野について調べるように頼む。

そこで、野上は西野の免許証をコピーして西野に会いにいくんだけど免許証の写真と会いに行った男が別人だった。

そして西野に会いに行った野上はそのまま遺体となって発見されてしまう…。

西野(本名西野じゃないけど)一家を乗っ取ってその住人として成り澄まし、家族同士で殺し合いをさせると言うサイコパスだった。

6年前の一家失踪事件の犯人も西野で、水谷になり澄まして隣人一家を殺していた西野。

西野一家もこの男に乗っ取られて、本物の西野は殺されていた。

妻は薬物中毒にさせられて最終的には拳銃で西野に殺されてしまった。

遺体の処理は娘である澪にさせていたと言う異常性。

見ていてかなり気分が悪くなった。

一家失踪事件を調べて康子の事をあまり気にかけていなかった高倉。

康子は西野と会うたびにおかしくなっていき、西野の言いなりになっていってしまっていた。

これが西野の手口で薬物を注射して、自分に反抗できないようにし相手を思うがままに操っていく。

西野は自分では人を殺すことはできないけど、こうやって人を操って人に殺人をさせるようにしていた。

高倉は西野を追い詰めたんだけど、康子に妨害されて高野自身も薬物を注射させられてしまう。

そして西野は高倉夫婦、澪、犬のマックスを連れ新しい落ちへ引っ越す計画を立て始める。

途中で次の標的になる家を物色していた西野だけどマックスが邪魔になると思い高倉にマックスを撃ち殺すように命令する。

愛犬を殺しちゃうの…?って不安になったけど高倉が西野を射殺してエンド。

西野は捕まらないし、高倉は殺人を犯しちゃうし、康子は薬物を打たれまくって廃人寸前だしでかなり後味の悪いラストだった。

北九州の殺人事件を題材に作られた作品らしく、この映画を観ていてあの事件をすごく思いだした。

多分この事件を知っている人が見たら必ず思い出すと思う。

映画を観ていて、澪も康子も周りに助けを求めれば良いじゃんって思ったんだけど、この事件同様犯人に洗脳されて助けを呼ぶと言う思考にならないんだなぁってすごく恐怖を感じた。

西野自体会話がおかしいというか、普通の会話でもいきなり怒りだしたり意味不明な事を言い出すから怖いんだけど、口だけで自分で殺す事も出来ない中年男に言いなりになっていってしまうというシチュエーションにめちゃくちゃ恐怖を感じた。

気持ち悪くて怖い映画だった。