映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【脳男】二階堂ふみの壊れっぷりがすごい

 

f:id:wponkichi:20200802235510j:plain

脳男

【作品情報】

ジャンル:サスペンス

監督:瀧本智行

原作:首藤瓜於

脚本:真辺克彦/成島出

音楽:今堀恒雄/ガブリエル・ロベルト

製作国:日本

上映時間:125分

製作年度:2013年

 

【あらすじ】

残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したものだったため、精神鑑定を受けることに。担当となった精神科医・鷲谷真梨子(松雪泰子)は感情を表さない一郎に興味を持ち、彼の過去を調べ始めるが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

生田斗真主演のサスペンス映画だけど、二階堂ふみの存在感がやばかった。

二階堂ふみ演じる連続爆弾魔の緑川が本当に怖かった。

眉毛がなくてずっと顔色が悪くて。

生田斗真の無表情で感情のない鈴木一郎も印象的だったけど…。それ以上に二階堂ふみの衝撃度が高かった。

無差別連続爆破事件を調べている茶屋。

手掛かりを基に犯人が隠れている場所を突き止め後輩の広野と共に行き、共犯と思われる男を逮捕した。

彼は鈴木一郎と名乗り、感情がなく機械のような男だった。

まともな会話ができないため、茶屋は精神科医の鷲谷に鈴木の精神鑑定を頼むことにする。

鈴木が共犯ではない事は映画の流れから分かったけど、この男が一体何者なのか、何が目的であの現場にいたのか全く予想がつかなかった。

鈴木がどういった人物なのかが分かっていくにつれ、ダークヒーロー的な存在で私的には世にこういう人がいてくれれば良いのになって少し思ってしまった。

法的にはいちゃいけない人なんだけど。

鈴木や爆弾魔だけじゃなくて、出てくる人たちはどこかしらおかしいなって感じた。

刑事の茶屋はまともだと思うけど、精神科医の鷲谷は強い人という見方もできるけど私から見るとどこかぶっ壊れていると思った。

自分の弟を異常な方法で殺した少年のカウンセリングをして、少年を私の特別な患者と言う鷲谷。

普通の人だったら出来ないと思う。

鈴木の祖父だと言う人も。

息子夫婦をひき逃げされてしまい、その息子を引き取り殺人ロボットとして教育していくとか。

この祖父の教育があり、鈴木一郎は犯罪を犯した人物を容赦なく殺していく殺人ロボットとなってしまった。

拘置所で犯罪自慢をしている犯罪者を容赦なく襲い眼球を素手で抉り取るシーンはかなり衝撃的だった。

緑川も鈴木も裕福な家に生まれ両親とも亡くなっているという過去を持つ。

緑川は鈴木に対して同族意識を持ち鈴木に接触を図るけど、鈴木は殺人鬼である緑川を殺そうとする。

本当に緑川の行動が異常すぎて気持ち悪かった。

緑川たちの批判をした人たちが標的になり、緑川の事を占った占い師の舌を切り落とし体に爆弾をつけバスに乗せて爆発させ無差別に人を殺したり…。

このシーンはかなり酷かった。バスに乗っていた小学生が犠牲になって黒こげになった子どもが助けてって歩く姿は見ていられなかった。

鈴木を護送する車を襲撃した時も警官を躊躇なく殺したり、鷲谷のいる病院を爆破させたり…。

日本映画にはめずらしくかなり派手な演出が多かった。

鷲谷は緑川に拉致されて、鷲谷の勤務先が緑川によって爆破されていく。

このシーンでバンバン人が死んでいくんだよね…。

茶屋と組んでいた後輩の広野の死ぬシーンはキツかった…。

広野も体中に爆弾を巻き付けられた状態。鈴木を殺さなければ広野を爆破させると脅され鈴木を殺そうとする茶屋だけど、その状況をみた広野が自分から「俺が死ぬから」って叫びながら爆発して死んでいく姿は辛かった。

それに爆弾処理のプロの黒田も爆発に巻き込まれて死んでしまったし。

生き残ったのは鷲谷と茶屋と鈴木ぐらい?ってぐらい皆死んでいった。

最後に鈴木が緑川を殺すのかと思いきや、部下や仲の良い同僚が殺された事に怒り狂った茶屋に打たれて死亡した緑川。

最後の最後で、鷲谷に電話をかける鈴木。

なぜ志村を殺したのか聞いたところ、鷲谷が鈴木の生い立ちを聞いて涙した事の感謝だという。

電話を終えてから、感情のなかった鈴木が微笑んですぐに真顔になるシーンはすごく綺麗だと思った。

このシーンを観て生田斗真ってすごい俳優だなって初めて感じた。