映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【スウィングガールズ】女子高校生ガールズバンド誕生

f:id:wponkichi:20200802234608j:plain

スウィングガールズ

 

【作品情報】

原題:SWING GIRLS

ジャンル:青春

監督:矢口史靖

脚本:矢口史靖

音楽:ミッキー吉野/岸本ひろし

製作国:日本

上映時間:105分

製作年度:2004年

 

【あらすじ】


映画「スウィングガールズ」劇場予告

 

サボりの口実としてビックバンドを始めた、“やる気のない”女子高生たちだったが、次第にジャズの魅力に引き込まれ、楽器は無いが自分たちだけのバンドを結成する。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

当時この映画を観て吹奏楽部に入った中高生多そう。

私は吹奏楽部に入ってたから公開された時はすぐに友達と観に行った。

しかも担当してる楽器が主人公と一緒だったからかなりテンションが上がった覚えがある。

いきなり上達したり、いきなり仲間が増えていって完璧な演奏をしたり現実ではありえない演出もあったりするんだけど、そこも含めてすごく楽しめる作品だった。

目標がコンクールに出て賞をではなく、発表することに目標を置いているってとこもすごく良かった。

夏休みに補習を受けるために学校へ行っていた鈴木友子。

ある日、野球の応援に行っていた吹奏楽部のお弁当が間に合わずに友子を含めた補習を受けていた女子高生たちが持っていく事になったけど、降りる駅で皆で寝過ごしてしまい次の駅から歩いて会場に向かう。

まぁ、真夏の日差しの中何時間も持ち歩いてたら食中毒になるよね。

弁当を食べた吹奏楽部員たちがみんな食中毒になって救急車で運ばれると言う大惨事になってしまう。

吹奏楽部員が入院してしまったため、唯一弁当を食べずに食中毒にならなかった中村拓雄に言われ代わりに野球応援で演奏することになった補習組。

夏休み銃練習して、吹けるようにはなって楽しくなってきた頃に吹奏楽部員が復活して演奏しなくても良いということになってしまう。

楽器の楽しさに目覚めた補習組はバイトをしてお金をためて楽器を購入することに。
でもバイトで問題起こして首になっちゃうんだけどね。

クビになったのは鈴木友子、斉藤良江、関口香織、田中直美の4人。

他の補習組は楽器をするよりバイトしてお金を稼ぐ事が楽しくなっちゃったから離脱。

友子と良江、香織、直美と中村拓雄、渡辺弘美、山本由香の7人でバンドを結成。

その前に楽器を購入したり修理したりいろいろあったけど、無事自分の楽器を手に入れてバンドとして活動していくんだけど最初はやっぱりへたくそで発表しては文句を言われ練習する場所がなくてカラオケで練習して怒られたりと上手くいかず。

でも、ジャズ好きの数学教師に練習を観てもらってジャズバンドとして練習を始めるとめきめき上達してバイトしていたスーパーの前で発表するまでに上達。

スーパーでバイトしていた元補習組のメンバーも加わり、大人数になった事で吹奏楽コンクールに出場することに決める。

スーパーの前で演奏しているところに練習も何もしていないメンバーが乱入して演奏が成り立つとういうありえない演出なんだけど、許せちゃうんだよね。なぜか。

楽器をやっていた自分からしてみれば楽器初めてあんな短期間であんな上手くなるのもありえないけど。

そこも含めて面白かった。

吹奏楽コンクールにジャズバンドとして出場することに決めたんだけど、友子はデモテープを投函し忘れたり、当日雪で電車が動かなくなっちゃったりとトラブルが多発するも幸運が重なり出場することができた。

当日の雪で来れなくなった高校があったため繰り上げ出場になり、同じ高校の吹奏楽部の先生がバスで迎えに来てくれたり。

コンクール終了間近で会場に到着し、準備を始め演奏を始める。

見に来ていた兄弟デュオが照明をいじってライブみたいにしたり、主要メンバー5人にめっちゃかっこ良いソロがあったりしてすごく盛り上がった。

吹奏楽部に入っている人はすごくテンションあがると思う。

そしてすごく憧れると思う。

最初に観た時はあんなソロを演奏出来たら気持ち良いだろうなって思った。

最後のコンクールが一番盛り上がった。

5人ともみんなかっこ良くてすごかった。

一番印象に残ってるのがトランペットの高音を出すシーン。

一番かっこ良かった。

トロンボーンもサックスもピアノもドラムも全部良かったけど。