映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【シンデレラ】ディズニーの長編アニメの良い所が全て凝縮されてた!

f:id:wponkichi:20200802232734j:plain

シンデレラ

 


【作品情報】

原題:Cinderella

ジャンル:ファンタジー

監督:ケネス・ブラナー

製作総指揮:ティム・ルイス

脚本:クリス・ワイツ

音楽:パトリック・ドイル

製作国:アメリ

上映時間:1時間45分

製作年度:2015年

 

【あらすじ】


映画『シンデレラ』予告編

 

貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。

 

【感想】

めちゃくちゃ良かった。
アニメの通りではないんだけど、こっちはこっちで完璧な仕上がりになってたと思う。

なんといってもシンデレラが変身するシーンが本当に素敵だった。

ピンクのドレスから蝶々があしらわれたブルーのドレスになり、ガラスの靴を履いたシンデレラすごく綺麗だった。

シンデレラのドレスだけじゃなくて継母のドレスも継母の娘たちのドレスも皆可愛かったりきれいで、衣装だけでもすごく楽しめる映画だった。

エラと両親は幸せに暮らしていたんだけど、ある日母親が病気になり亡くなってしまう。

父親はエラを大切に育て、エラは優しく美しい女性に育って行った。

そして、ある日父親は再婚をするとエラに告げ継母と二人の娘と一緒に住む事になる。

1回めの結婚で、心が綺麗で素敵な女性と一緒になったのになぜ2回めの結婚であんな性悪女に引っかかってしまうのか…。

見た感じ妻と娘が大好きで家族思い、倫理観もまともそうだったのに急に女性の趣味が変わっちゃうっていうね。

継母の見た目も性格悪そうだし、結婚したらしたでお金を湯水のように娯楽につぎ込むし。

見れば見るほどなぜ、前妻とは180度違う女性を選んだのか謎。

父親がいた時はまぁ、意地悪とかはなかったんだけど父親が仕事で家を空け始めてからエラは部屋をとられ、父が亡くなってからは女中のように働かせ…。

本当にひどい継母とその娘たちだった。

父親が仕事先で病に倒れ亡くなってしまう。

エラは父の死を悲しみ、従者にも気を使ってたけど、継母と娘が本当にひどい。

ドリゼラとアナスタシアはお土産のパラソルは?とか香水は?とかしか言わないし。

継母は夫の死よりも金金金。

本当父親はなんでこんなのと結婚したのか…

エラは継母とドリゼラ、アナスタシアに女中のように扱われ、毎日いじめられひどい扱いをされていた。

家を出ることもできたけど両親との思い出ある家から出たくないというエラ。

ある日エラは3人に「灰被りのエラ」という意味のシンデレラというあだ名をつけられ、いじめに耐えられなくなったエラは馬に乗って森へ飛び出して行った。

そこで、シカ狩りをしていた王子キットに出会い二人は一目惚れをする。

そして王子はまた彼女に会いたいと国中の若い女性を集めて舞踏会を開く事にする。

キットの父親の国王はキットに他の国の王女と結婚しろと言うのだが、キットはエラを見つける事に全力になってた。

舞踏会で見つからなかったら他国の王女と結婚するって言ってたけど。

舞踏会に国中若い女性が招待されると知り、喜ぶ継母と娘二人。

エラも参加する権利があるのに阻止して、大事なお母さんの形見のドレスを破りまくる。

ドレスを破られ舞踏会に行かずに泣いていると、そこに一人の老婆が現れる。

老婆はフェアリーゴッドマザーで親切にしてくれたお礼にエラに魔法をかけ、舞踏会へ行けるようにしてくれた。

この変身シーンが本当に良かった。

ピンク色のお母さんの形見のドレスをベースに華やかでシンプルなブルーのドレスに変わっていくシーン。

すごく綺麗で見惚れた…。

最後に出てきたガラスの靴も本当に素敵だった。

カボチャの馬車はゴージャスだし、トカゲが従者に、アヒルが御者、ネズミたちが馬に。

トカゲの従者がいいキャラしてた。

こうして舞踏会に行き王子と踊り、知っての通り12時で会場を後にして家に戻るシンデレラ。

シンデレラが舞踏会へ行ったことに気が付く継母。勘が鋭すぎる。

そこで継母は大公と手を組んで王子とエラを会えないよう計画する。

大公は他の国の姫と王子を結婚させ国を強くしたいって考えの人だから継母と利害が一致して手を組むことに。

王子の父の国王が亡くなり、喪が明けた頃王子はエラ探しを開始する。

落として行ったガラスの靴を若い女性に履かせて見つけるという方法。

同じサイズの女性一人ぐらいいるだろうとも思うけど、きっとフェアリーゴッドマザーの魔法でエラにしか履けないようになっているんだろうって納得した。

エラの家にもきて姉二人は靴を履いたけど、エラは継母に屋根裏に閉じ込められていてガラスの靴が履けず…。

でも、ネズミたちの活躍でエラがいることがバレ、王子と再会することができた。

最後の最後まで継母は性根の腐ったおばはんだった。

美人で性格の良いエラに嫉妬して意地悪してたとか。

最終的には娘2人と一緒に追放。大公もついでに追放。

アニメはアニメで面白いけどやっぱり実写だと迫力も違うし映像美もすごいしで満足できる映画だった。