映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【美女と野獣(2014)】アニメ版とは一味違うフランス版

f:id:wponkichi:20200727123126j:plain

美女と野獣

【作品情報】

原題:LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST

ジャンル:ファンタジー

監督:クリストフ・ガンズ

製作総指揮:フレデリック・ドニギアン

脚本:クリストフ・ガンス/サンドラ・ヴォ=アン

音楽:ピエール・アデノ

製作国:フランス

上映時間:113分

 

【あらすじ】

バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣

 

【感想】

フランス版の美女と野獣

アニメ版とは違うけど、こちらはこちらで面白かったと思う。

ただ私はディズニーの長編アニメの方がストーリー的には好きだけど。

野獣になってしまった理由とかもアニメの方が好き。

キャラクターもみんな家具やら食器になったりと個性が強くて面白かったけど、この映画ではビーグルが小人みたいになってお手伝いをしてくれるって言う設定。

ビーグルの姿がグレムリンみたいな感じで可愛いんだか気持ち悪いんだか分からない姿だったのも少し微妙な感じ。

ベルの母親は亡くなっていたけど、父親と3人の息子3人の娘の7人家族でめちゃくちゃ大家族だった。

なぜベルはすごく性格が良いのに他の兄弟はあんなに性格が悪くなるのか。

こういう話では良くある設定だけど、いつも見ていて疑問に思う。

父親も貿易商をしていて常識がある人なんだけど。

お金があったせいでベル以外の子どもたちは歪んじゃったのかな。

父親の持っている船が沈没してしまい、一気に貧乏生活になってしまう一家。

狭い家に住み庭で野菜を育てる生活。

ベルはすごく楽しんでいたけど他の兄弟たちは金持ちの生活が忘れられず。

姉二人なんか一日中寝室にいて豪華な生活に思いをはせる日々。

そんななか、沈んだ貿易船が引き上げられ積荷が手に戻るかもしれないと父親は街へ行くことに。

父親は家に帰ろうとして雪道で迷いある屋敷へたどり着く。

屋敷には暖かい暖炉と食事が容易してありありがたく頂戴してしまう。

そして帰りにベルに頼まれたバラを庭から奪ってしまったために野獣に命を差し出さなくてはいけなくなってしまった。

家族に別れを告げるために家に戻り屋敷に戻労とした父親だけど、自分がバラを頼んだせいだと責任を感じ自分が野獣の元へ向かってしまう。

屋敷では野獣が待っており、昼間は領地を散策しても良いけど夜は外に出てはいけない。夕食時には食卓についているろと命令をする。

屋敷でベルの世話をかげながらしてくれるのがビーグルみたいな姿の生き物。

目が大きくて顔も大きくて体が小さい犬みたいなのがたくさんいた。

かわいいんだか気持ち悪いんだか良く分からない・・・。

しゃべらないし、なかなか姿を見せない警戒心が強いキャラクターだった。

屋敷に来てからベルは夢を見るようになった。

その夢は野獣の過去で、そうして野獣の姿になってしまったのかが分かる夢だった。

野獣改め領主には綺麗な妻がいた。領主は頻繁に狩に出ていて黄金の雌鹿をしとめるために躍起になっていた。妻は雌鹿を狙うのをやめてもっと一緒にいて欲しいとお願いするけど、ある日領主は黄金の雌鹿を仕留めてしまう。

実は黄金の雌鹿は領主の妻の本当の姿で領主に恋をしたため森の神に人間にしてもらっていた。

森の精である黄金の雌鹿を殺してしまったことで森の神が起こり領主は野獣になってしまった。

領主役の人、少し年齢行き過ぎてないかな。

ちょっとおじさん過ぎて「えー」って思っちゃった。

かっこ良いとは思うけど、美女と野獣の野獣は王子って言うイメージだから違和感が半端なかった。

野獣はベルの無邪気さに惹かれ、ベルも野獣に惹かれるようになって行く。

一度ベルは家に帰ることが許されたんだけど、借金を背負った兄弟がごろつきと一緒に野獣の城に乗り込み金目のものを強奪してしまう。

とめようとしたベルは人質になり、ベルを助けようとした野獣は金色の矢に胸を貫かれ瀕死の状態に。

ごろつきどもは城を守る巨人に殺されていき、ベルと兄弟たちは野獣を助けるために万能薬の泉に野獣を運ぶことに。

ぎりぎりで泉に野獣を入れることができ、野獣は人間の姿に戻った。

最後はベルと領主はベルの父親と一緒に住み、領主は花屋として働き、べルは本を書いて子供にも恵まれ幸せに暮らした。

領主に前妻がいたことにも驚いたし。ベルと領主の年齢差にも驚いた。

年齢ははっきりとは分からないけども、領主は絶対40歳超えていると思う。むしろ50近い気がする。

これに対してベルは20歳そこらだと思う。

野獣役をもう少し若くしてくれたら私的にはもう少し楽しめた気がする。