映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【探検隊の栄光】超豪華俳優たちが全力でふざける映画

f:id:wponkichi:20200725234725j:plain

探検隊の栄光

 

【作品情報】

ジャンル:コメディ

監督:山本透

原作:荒木源

脚本:徳尾浩司/金沢達也/山本透

製作国:日本

上映時間:91分

製作年度:2015年

 

【あらすじ】


藤原竜也、秘境で巨大ワニに遭遇?映画『探検隊の栄光』予告編

人気が下り坂の俳優・杉崎(藤原竜也)に、伝説の未確認生物(UMA)ヤーガを求めて秘境を探検するテレビ番組の隊長のオファーが舞い込んでくる。その仕事を受けるものの、毒グモとの遭遇や巨大ワニとの乱闘、がけでの危険なシーンといった演出に困惑する。ところが撮影をこなすうちに、杉崎は番組作りにのめり込んでいき……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

こういう映画めっちゃ好き。

全体的にふざけてる。

現地コーディネーターが日本人のななめめ45度の岡安っている時点で良い。

レジスタンスの3人も日本人だったし。でも、現地の言葉をしゃべっている感じはめっちゃ雰囲気出てた。

昔の衝撃映像100連発的な演出方法も笑えたし最初から最後までふざけてて面白かった。

人気俳優だったが最近では人気も低迷し始めた杉崎。そんな杉崎に伝説のUMAヤーガを探して秘境に入ると言う番組の隊長役がオファーされる。

最初は乗り気ではなかった杉崎。

スタッフが適当過ぎて乗り気じゃないというか不安そうだった。

ぬいぐるみのワニを川に浮かべて戦えとか、食糧ちゃんと持ってきているのにそこらへんで撮ったトカゲとか虫とかを食べさせられてたし。

たまたまスタッフが滑落して、もう一回撮影したいから崖から落ちてとか。

川でおぼれ始めたスタッフを冗談かと思って笑いながら見てるだけだし酷いスタッフだった。

村に到着するんだけど、ごみを放置した事に激怒している叔父さんを撮影して全く関係ない事を吹き替えで当てはめたり。

コーディネーターのおばあちゃんを占い師に見立てて演技してもらってたし。いろいろひどい。

ヤーガがいそうな洞窟に入り撮影をしていた探検隊。

するとそこにレジスタンスの3人が現れて、拘束されてしまう。

そこで、自分たちは日本のテレビ番組の撮影をしに来た事を説明したけど、テープは全て破棄しろと言われてしまう。拒否したらレジスタンスにテープを破壊され、杉崎激怒。

杉崎がレジスタンスに激怒した事でなんとなーく理解しあえたみたいで撮影に協力し始めるレジスタンスたち。

原住民みたいなカッコをして撮影を続行する探検隊たちだけど、政府軍が洞窟までやってきている事がわかり撤退しようと提案するプロデューサーだったけど杉崎は最後まで撮影すると言い張り続行することに。

手作りで首が3つの蛇ヤーガーを作り出し撮影するけど政府軍がやってきた。

絶対絶命かと思いきや本物のヤーガがやってきてビビった政府軍は撤退していった。

無事撮影を終え日本に帰った探検隊達。番組は大成功で視聴率もめっちゃ高く続編が制作されることに決まったらしい。

最初から最後までのグダグダ感がすごく良かった。

ゆるい空気の中、ピリピリしている藤原竜也がめっちゃ笑えた。