映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【インディ・ジョーンズ/最後の聖戦】インディの父親登場!

f:id:wponkichi:20200716125950j:plain

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

【作品情報】

原題:Indiana Jones and the Last Crusade

ジャンル:アドベンチャー

監督:スティーブン・スピルバーグ

製作総指揮:ジョージ・ルーカス/フランク・マーシャル

脚本:ジェフリー・ボーム

音楽:ジョン・ウィリアムズ

製作国:アメリカ合衆国

上映時間:127分

製作年度:1989年

 

【あらすじ】

キリストの聖杯を探していて行方不明になった父、ヘンリーを追ってベニスに飛んだインディ。ナチスの手が迫る中、ジョーンズ親子の逃亡と脱出の冒険が繰り広げられる。シリーズ第3弾にして最終作(今のところ)の本作では何と言ってもS・コネリーが漂々と演じたヘンリー・ジョーンズ博士のキャラクターが一番の見ものである。加えて「レイダース/失われたアーク」に引続き登場のD・エリオット扮するマーカス・ブロディもあって、平均年齢が極めて高いチームによるそれ相応のアクション(派手な立ち回りはインディが一手に引き受けて)とコメディ・タッチは緩急のバランスが取れた冒険談を作った。その辺が「魔宮の伝説」のようなローラー・コースター・ムービーを期待された向きには不評だったようだが……。(allcinema ONLINE )

 

【感想】

題名に「最後の」ってつくから最後かと思ってた。

でも“聖戦”が最後って意味らしい。

今回は一番最初にインディの若かりし頃のストーリが入るんだけど、青年インディがめっちゃかっこ良い。

インディって蛇が大嫌いなんだけど、蛇嫌いの原因も分かったりして面白かった。

インディの青年役のリヴァー・フェニックスが本当にかっこ良かった。

若いころに亡くなっている俳優さんで、「ジョーカー」で主演したホアキン・フェニックスの兄。今生きてたらすごい俳優になってたんだろうな。

イエス・キリストの聖杯」について調べていたインディの父親ヘンリーがインディに手帳を送ってきた後に音信不通になり行方不明になってしまう。

手帳と聖杯のヒントが書かれている石碑を基に聖杯のありかを調査することに。

友人のマーカスと共にベニスへ行きそこで調査員のエルザ・シュナイザー博士と合流して調査を開始する。

インディ達は十字軍の騎士団の地下墓所を見つけて第2のヒントになる盾を見るけることに成功する。

けど、そこで聖杯を守る十字軍の子孫に襲われ追いかけ回される。

インディシリーズって言ったら生き物の大群が必ず出てくるんだけど、今回も出てきた。

今作は大量のドブネズミ。火に煽られて水に飛び込むネズミが大量すぎてちょっと気持ち悪かった。

ネズミ自体は別に好きでも嫌いでもないんだけど、あれだけいると気持ち悪い。

本物のネズミなのかとちょっと不安になったけど、火にあぶられたネズミの死体とかは作り物らしいと調べてしって少し安心した。

インディは騎士団の子孫の教団の一人に父の居場所を聞き、エルザと共に向かった。

そこで父親と再会できたんだけど、まさかのエルザが裏切り者でナチスのスパイだった。

そしてインディとヘンリーは捕まり、聖杯の情報が載っているヘンリーの手帳も奪われてしまう。

インディとヘンリーは折り合いが悪いけどなんだかんだ息があっていてナチスの基地から脱出することができた。

手帳の中にあった聖杯のある場所への地図はインディが友人のマーカスに送っていたから無事…かと思いきやマーカスはナチスに捕まって地図もろとも奪われてた。

インディと父はマーカスを救出して、聖杯のある場所へと向かう。

向かったけど一足先にナチス軍が来ており、再び捕まる3人。

そして、ヘンリーが腹部を銃で撃たれ父親を助けたければ聖杯をもってこいとインディに命令する。

インディはヘンリーの手帳に書いてあるヒントを基に次々と試練をクリアしていく。

1つ目の試練は「神の吐息」

悔い改めた者だけが通り抜けられるという試験。上からと下から大きな刃が出てきて屈まないと首を切断されてしまうと言う試練。

2つ目の試練は「神の言葉」

神の足跡をたどるものだけが通る事が出来る。

床にアルファベットが書いてあり、ラテン語で神の名前通りに床を踏むと通れるという試練。

間違えると底が抜けて落ち、針に体が貫かれてしまう。

3つ目の試練は「神の小道」

一見道がなく、向こう側に行く事が出来ないと思われたけど目の錯覚で見えない細い小道が通っていた。

この試練を無事クリアして聖杯のある場所についたインディ。

そこには老いた騎士と大量の聖杯と思われる器が。

騎士が言うにはこの中から一つ本物の聖杯を選べという事らしい。

エルザは金ぴかのいかにもな杯を選んだ。インディを陥れたドノヴァンと言う男がその杯で水を飲むと急激に老いていき骸骨になって死んでしまう。

インディはキリストはもともと大工だったことから、木製の杯を選んだ。

インディの選択は正しく、その杯に水を汲み父親のもとへもどり傷口に水をかると傷が見る見るうちに治癒していった。

聖杯は十字架圏から出てはいけないと騎士から忠告を受けていたのに聖杯に目がくらんだエルザはその境界線を越えてしまう。

そして、神殿は崩壊してナチスとエルザは神殿と共に埋まってしまった。

インディとヘンリー、そしてマーカスは生き残り神殿を後にする…。

インディとヘンリーの掛け合いが微妙に面白くて要所要所でクスッとできる。

仲違いしているらしいけど、根本的には仲が良いいなって感じ。

今回もアクションシーンが満載で迫力満点。

水上でのバトルが本当にすごい。

船と船のあいだにはさまれてボートが大破したり。

2作目が一番すきだけど、3作目も面白かった。