映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【借りぐらしのアリエッティ】ストーリー以外はなかなか良かった

f:id:wponkichi:20200716114646j:plain

借りぐらしのアリエッティ

【作品情報】

題名:The Borrower Arrietty/The Secret World of Arrietty

ジャンル:アニメ

監督:米林宏昌

原作:メアリー・ノートン

脚本:宮崎駿/丹羽圭子

音楽:セシル・コルベル

製作国:日本

上映時間:94分

製作年度:2010年

 

【あらすじ】


借りぐらしのアリエッティ 予告

 

古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

なんでかこの作品あんまり好きになれない。

映画館にも観に行ったんだけど、多分登場人物に感情移入ができないというか、魅力が全くないからだと思う。

出てくる人たちがどこかしら鼻につくというか。

どこかのレビューでこの映画には“愛”がないっていう書きこみを見てなんとなく納得ができた。

登場人物が薄っぺらいというか悪意に満ちている人もいるし、なぜか不快な気持になる映画だった。

ゲド戦記」よりかはマシだけど、ジブリ映画の中で好きじゃない映画の上位に入る映画だった。

アリエッティ本人は良い。良いって言ってもちょっとキャラ的に印象が薄い感じはする。

手術の前に母の田舎にやってきた翔がどうなのって思う。

アリエッティの目の前で小人は滅びゆく種族だとか言ってアリエッティ怒らすし、アリエッティの家を探し出して勝手に家を改造するし…。

小学生ならまだしもこれが14歳って。

翔が気持ち悪すぎた。

アリエッティの母親もかまってちゃんっぽくて嫌だ。

アリエッティと父親が借りに行く前に「砂糖が欲しいんだけど…。でもいいの…。でも欲しいけど…はぁ(溜息)」とかうざい。

怒りながらシチューを食べる効果音とかも本当にイライラする。

翔も、お手伝いのハルも嫌いだけど、アリエッティの母親が一番嫌い。

翔に見つかり、翔が余計な事をしたばっかりにハルに見つかってしまう。

アリエッティの母親がハルに拉致されたため急遽一家は住み慣れた家を捨て引っ越すことになる。

小人の仲間であるスピラーに案内されて仲間の小人のもとへ行くんだけど、ヤカンに乗って川を下る所で映画は終わるためアリエッティたちは無事に仲間の元へ行けたのか不明だし、小人の数も減っているっていう事だったから結構モヤっとする終わり方だった。

ジブリ映画って希望のある終わり方だったり、ハッピーエンドが多いと思うけどこの映画はあんまり希望の持てる映画ではなかったなと感じた。

内容以外は全部良かった。

映像もめちゃくちゃ綺麗だったし、虫たちもリアルな中に可愛さがあって良かった。

音楽も世界観に合ってて、歌声がすごく綺麗で聴き惚れた。

本当に内容だけがすごく残念。

映像を楽しむだけだったら何回みても良いかもしれない。