映画の徒然日記

今まで見た映画の覚え書き

【感染】Jホラーシアターの第一弾作品

f:id:wponkichi:20200716110451j:plain

感染

【作品情報】

ジャンル:ホラー

監督:落合正幸

脚本:落合正幸

音楽:配島邦明

製作国:日本

上映時間:98分

製作年度:2004年

 

【あらすじ】

薬の供給も追いつかない劣悪な環境の古びた病院に、奇怪な症状を患う急患が担ぎこまれる。見たこともない状態にたじろぐ医師たちを尻目に、赤井医師(佐野史郎)は“この患者の研究治療は病院の経営危機を救うチャンス”と力説するが……。(シネマトゥデイより)

 

【感想】

邦画ホラー映画を代表する映画監督6人がそれぞれ制作した6つの作品の第一弾。

”予言”と同時公開されたこの映画。

面白かった。初めて観たんだけどとにかく出演俳優が豪華過ぎる。

佐藤浩市高嶋政伸星野真里木村多江真木よう子山崎樹範南果歩佐野史郎とか知っている俳優ばっかりだった。須賀健太も出てたし。

邦画らしいジメっとした気持ち悪いホラー映画だった。

経営が悪化して医師や看護師たちへの給料も支払われなくなった病院。

それでも医師たちは患者の為に必死に働いていた。

そんな時に外科医の秋葉は急変した患者を医療過誤で死なせてしまう。
っていっても秋葉のせいじゃないけど。

看護士が投与する薬剤の名前を聞き間違えて投与してはいけない薬剤を投与してしまったため死んでしまった。

それで、関わった医師と看護師はこの医療過誤を隠ぺいするために遺体を腐敗させようとする。

そんな時に病院に未知のウイルスに感染した患者が担ぎ込まれる。

経営者に連絡がとれなくなったという時点で何かしらの対応はしなきゃいけないと思うんだけど、普通に仕事をする医師と看護師…。いろいろ、精神的にヤバい人ばっかりだった。

病院へ新しい患者の受け入れができないって言っているのに病院の廊下に患者を放置して去っていった救急隊員。この患者に未知のウイルスに感染していた。

患者の体は生きたまま腐敗して体が溶け緑色の体液が流れ出てしまう症状。

作り物感バリバリだけどかなり気持ち悪いシーンだった。

俳優たちの演技が迫真だからかな…余計気持ち悪さ倍増してた。

そして、看護師や医師たちもこのウイルスに感染していってしまう。

真木ようこが一番ヤバかった。

天井にはりついてニタァって笑う真木ようこには正直鳥肌半端なかった。

めちゃくちゃ気持ち悪くて怖かった。

最近のホラー映画って全然怖くないというかむしろコメディじゃんっていうのが多いんだけど、平成初期のホラーってガッツリ怖くて本当に好き。

この映画も結構前の映画だけどなかなか面白かった。

腐敗した遺体はまんまスライムというか色的に付くりもの感満載だったけど、それでも十分怖かったし、気持ち悪いし面白かった。

今後のJホラー作品も楽しみ。